カテゴリー

« レオナルドの最後の晩餐 | トップページ | 爪 »

2015/06/24

全世界を客観する姿勢

ー草野天平ー

息は静かに

眼(まなこ)は開き何処かを見る

自分をめぐる無数の

人の意識がつくった質や量などに

軽く触れ

口の辺りに笑みさえ湛える

それは苦しく悲しいけれど

遠く親子の人情をはなれ

何とも言えぬ

自由と法則の調節をとる

其処はもう白色か青色か

最高もなく最低もなく

天上すらも

いっさい無く

寂しさと静けさと安らかさのなかに

万事を止めて個性なく

 

いる

 

« レオナルドの最後の晩餐 | トップページ | 爪 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事