無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« ハンカチから卵を出します | トップページ | コレガ人間ナノデス »

2015/05/19

ー尾形亀之助ー

風は

いっぺんに十人の女に恋することが出来る

 

男はとても風にはかなわない

 

夕方――

やわらかいショールに埋ずめた彼女の頬を風がなでていた

そして 生垣の路を彼女はつつましく歩いていった

 

そして 又

路を曲ると風が何か彼女にささやいた

ああ 俺はそこに彼女のにっこり微笑したのを見たのだ

 

風は

彼女の化粧するまを白粉をこぼしたり

耳に垂れたほつれ毛をくわえたりする

 

風は

彼女の手袋の織目から美しい手をのぞきこんだりする

 

そして 風は

私の書斎の窓をたたいて笑ったりするのです

 

尾形亀之助の詩―大正的「解体」から昭和的「無」へ
福田 拓也
思潮社
売り上げランキング: 1,052,162
心がほっとする 日本の名詩一〇〇
彩図社文芸部
彩図社
売り上げランキング: 164,952
色ガラスの街
色ガラスの街
posted with amazlet at 15.05.28
(2012-10-03)

« ハンカチから卵を出します | トップページ | コレガ人間ナノデス »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事