無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 石柱の歌 | トップページ | 死のなかに »

2015/05/14

七月二日・初蝉

ー伊東静雄ー

あけがた

眠りからさめて

初蟬をきく

はじめ

地虫かときいていたが

やはり蝉であった

思いかけず

六つになる女の子も

その子のははも

目さめいて

おなじように

それを聞いているので

あった

軒端のそらが

ひやひやと見えた

何かかれらに

言ってやりたかったが

だまっていた

(「伊東静雄詩集」岩波文庫より。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 石柱の歌 | トップページ | 死のなかに »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事