カテゴリー

« おとぎばなし | トップページ | お菓子 »

2015/03/17

ー水谷まさるー

月がほしいと

泣きながら

背(せな)の赤児(あかご)は

手をのばす。

 

あれは取れぬと

云いながら

子守はやけに

脊ゆする。

 

だけど子守も

つい昨夜(ゆうべ)

月を見てたら

かなしくて

 

郷里(くに)に帰って

行きたいと

泣いてせがんで
いたそうな。

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« おとぎばなし | トップページ | お菓子 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事