無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 飯 | トップページ | 靴を買いに »

2015/03/18

彼 は

ー千家元麿ー

彼はどこにでも居る。

生命の火はどこにでも居る。

何処にでもめぐり、何処にでも隠れて居る。

気がつけば彼は露骨だ。

彼は水の中にもいる。魚となって水の中にいる

美くしい金魚となって瓶の中にも居る。笑いの中にも涙の中にも

彼は人々がいやがる雨の中にも、闇の中にもいる。

木の中にもいる。女や子供や犬や猫の中にもいる。

見よ、どこにでも彼はいる
露骨なる彼は。

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 飯 | トップページ | 靴を買いに »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事