カテゴリー

« 風 | トップページ | 初夏の夕 »

2015/03/11

ー大野百合子ー

なにか慕わしい気配を感じて
窓をあけると
いつも見る街は
やさしい灯を点して
古風なにおいを持つ
初めての都のように思えた
 
私のすきな人達が
あの一つ一つの灯をかこんで
深く自分を守りながら
愛されて
愛している
そんな平和な気がする

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

心がほっとする 日本の名詩一〇〇
彩図社文芸部
彩図社
売り上げランキング: 164,952

« 風 | トップページ | 初夏の夕 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事