無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 灯 | トップページ | 一本のガランス »

2015/03/11

初夏の夕

ー大野百合子ー

この頃の夕方は
なにからなにまで
蒼っぽいしめりを含んでいるように
しっとり落ちついて
默っていると
默っていることに苦しくなり
どこまでも歩いて行きたい気がする
 
子供達の晴れやかな聲(こえ)にまじって
やさしい女の物賈りの聲(こえ)など聞えて来る
美しい切花を乗せた車が
もう夜店へ出かけて行く
しかもその花の一つ一つは
蒼い露を含んで
車の上でホロホロしている

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

心がほっとする 日本の名詩一〇〇
彩図社文芸部
彩図社
売り上げランキング: 164,952

« 灯 | トップページ | 一本のガランス »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事