無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 猫 | トップページ | 遺 伝 »

2015/03/12

殺人事件

ー萩原朔太郎ー

とおい空でぴすとるが鳴る。
またぴすとるが鳴る。
ああ私の探偵は玻璃(はり)の衣装をきて、
こいびとの窓からしのびこむ、

床は晶玉、
ゆびとゆびとのあいだから、
まっさおの血がながれている、
かなしい女の屍体(したい)のうえで、
つめたいきりぎりすが鳴いている。

 

しもつけ上旬(はじめ)のある朝、
探偵は玻璃の衣装をきて、
街の十字巷路(よつつじ)を曲った。
十字巷路に秋のふんすゐ。
はやひとり探偵はうれいをかんず。

みよ、遠いさびしい大理石の歩道を、
曲者(くせもの)はいっさんにすべってゆく。

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

萩原朔太郎詩集 (岩波文庫)
萩原 朔太郎
岩波書店
売り上げランキング: 35,886
萩原朔太郎詩集 (新潮文庫)
萩原 朔太郎
新潮社
売り上げランキング: 67,816
萩原朔太郎 (ちくま日本文学 36)
萩原 朔太郎
筑摩書房
売り上げランキング: 212,088
青猫―萩原朔太郎詩集 (集英社文庫)
萩原 朔太郎
集英社
売り上げランキング: 233,072

« 猫 | トップページ | 遺 伝 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事