無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« レ・シダリーズ | トップページ | 黒 点 »

2015/03/19

セレナード

ージェラール・ド・ネルヴァル(中原中也訳)ー

――ねえ! なんてやさしい歌が私を呼覚ますのでしょう?

――おまえの床の傍に私(わたし)はついていますよ、……

娘や! 何にも聞こえはしませんよ、……

お休み、そりゃおまえの妄想ですよ!

――私は外に聞えます、おっ母さん、

空の合唱隊が!……

 

――おまえまた熱が出ますよ。

――その歌が窓から

近づいて来るようなんです。

――お眠り、ねえおまえ病気ですよ、

誰かセレナードを……

男の方々はみんな寝ちまいました!

 

――男の人たち! それがなんだと仰るのです?

雲があたしを連れてくのです……

さよなら地球よ、さようなら!

お母さん、その不思議な音

その天使の音楽が

それがあたしを神様の方へ呼んでいます!

 

(「新編中原中也全集」より。現代仮名遣いに改めました。)

 

« レ・シダリーズ | トップページ | 黒 点 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事