無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« セレナード | トップページ | 一疋の昆虫 »

2015/03/19

黒 点

ージェラール・ド・ネルヴァル(中原中也訳)ー

誰でも太陽をジッと視た者は

目の前を、自分の周囲を空気の中を

鉛色の斑点が飛ぶのをみる。

 

そのように、私がまだ若くて横着であった頃

一度光栄の上に目を見据えたことがあった。

すると黒点が私の貪婪な眼眸(まなざし)の中に留った。

 

以来、すべての物に喪の印(しるし)の如く、

私の目に停る所には何処にでも、

その黒い汚点があるのを私はみる。

 

どうしたこった、何時も何時も! 私と幸福との間に

一羽の鷲が――不幸なこった不幸な!――

性懲りもなく太陽と光栄とを視守っている。

 

(「新編中原中也全集」より。現代仮名遣いに改めました。)

 

« セレナード | トップページ | 一疋の昆虫 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事