無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 黒 点 | トップページ | 紙風船 »

2015/03/19

一疋の昆虫

ー今野大力ー

一疋の足の細長い昆虫が明るい南の窓から入ってきた

昆虫の目指すは北 薄暗い北

病室のよごれひびわれたコンクリートの部厚い壁、

この病室には北側にドアーがありいつも南よりはずっと暗い

 

昆虫は北方へ出口を見出そうとする

天井と北側の壁の白堊を叩いて

ああ幾度往復しても見出されぬ出口

もう三尺下ってドアーの開いている時だけが

昆虫が北へぬける唯一の機会だが、

昆虫には機会がわからず

三尺下ればということもわからぬ

一日、二日、三日まだ北へ出口を求める昆虫は羽ばたき羽ばたき

日を暮す

南の方へ帰ることを忘れたか

それともいかに寒く薄暗い北であろうと

あるのぞみをかけた方向は捨てられぬのか、

 

私は病室に想う一疋の昆虫の

たゆまぬ努力、或は無智、

 

« 黒 点 | トップページ | 紙風船 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事