無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« くれがた | トップページ | 昼 »

2015/03/11

静かさの中で

ー大野百合子ー

珍らしく暖かいので

妹をつれた私は

かなり歩いてしまった

小さい山の斜めに坐ると

まだ青くならない草と土の馨(かお)りがする

空はどうしてこんなにも高いのだろう

風はそんなにつめたくもなく吹いて来る

私は深い静かさにつつまれて

思うともなく

見るともなく

いつまでも坐っていた

私は私の心がきれいになって

静かなものにまざまざと触れ
なにか知りたいと思っていたことをはっきりと知った気がした

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

心がほっとする 日本の名詩一〇〇
彩図社文芸部
彩図社
売り上げランキング: 164,952

« くれがた | トップページ | 昼 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事