無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 空をかける | トップページ | 南からの種子 »

2015/03/13

夜汽車の中で

ー竹内浩三ー

ふみきりのシグナルが一月の雨にぬれて

ボクは上りの終列車を見て

柄もりの水が手につめたく

かなしいような気になって

なきたいような気になって

わびしいような気になって

それでも ためいきも なみだも出ず

ちょうど 風船玉が かなしんだみたい

 

自分が世界で一番不実な男のような気がし

自分が世界で一番いくじなしのような気がし

それに それがすこしもはずかしいと思えず

とほうにくれて雨足を見たら

いくぶんセンチメンタルになって

涙でもでるだろう

そしたらすこしはたのしいだろうが

そのなみだすら出ず

こまりました

こまりました

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (中公文庫)
稲泉 連
中央公論新社
売り上げランキング: 164,084
戦死やあわれ (岩波現代文庫)
竹内 浩三
岩波書店
売り上げランキング: 173,661
竹内浩三詩文集―戦争に断ち切られた青春 (風の道文庫)
竹内 浩三
風媒社
売り上げランキング: 746,310

« 空をかける | トップページ | 南からの種子 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事