無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 夜汽車の中で | トップページ | 十二ヶ月 »

2015/03/13

南からの種子

ー竹内浩三ー

南から帰った兵隊が

おれたちの班に入ってきた

マラリヤがなおるまでいるのだそうな

大切にもってきたのであろう

小さい木綿袋に

見たこともない色んな木の種子

おれたちは暖炉に集って

その種子を手にして説明をまった

 

これがマンゴウの種子

樟(くすのき)のような大木に

まっ赤な大きな実がなるという

これがドリアンの種子

ああこのうまさといったら

気も狂わんばかりだ

手をふるわし 身もだえさえして

語る南の国の果実

おれたち初年兵は

この石ころみたいな種子をにぎって

消えかかった暖炉のそばで

吹雪をきいている

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (中公文庫)
稲泉 連
中央公論新社
売り上げランキング: 164,084
戦死やあわれ (岩波現代文庫)
竹内 浩三
岩波書店
売り上げランキング: 173,661
竹内浩三詩文集―戦争に断ち切られた青春 (風の道文庫)
竹内 浩三
風媒社
売り上げランキング: 746,310

« 夜汽車の中で | トップページ | 十二ヶ月 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事