無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 金がきたら | トップページ | 空をかける »

2015/03/13

骨のうたう(原型)

ー竹内浩三ー

戦死やあわれ
兵隊の死ぬるやあわれ
とおい他国で ひょんと死ぬるや
だまって だれもいないところで
ひょんと死ぬるや
ふるさとの風や
こいびとの眼や
ひょんと消ゆるや
国のため
大君のため
死んでしまうや
その心や
  
苔いじらしや あわれや兵隊の死ぬるや
こらえきれないさびしさや
なかず 咆えず ひたすら 銃を持つ
白い箱にて 故国をながめる
音もなく なにもない 骨
帰っては きましたけれど
故国の人のよそよそしさや
自分の事務や 女のみだしなみが大切で
骨を愛する人もなし
骨は骨として 勲章をもらい
高く崇められ ほまれは高し
なれど 骨は骨 骨は聞きたかった
絶大な愛情のひびきを 聞きたかった
それはなかった
がらがらどんどん事務と常識が流れていた
骨は骨として崇められた
骨は チンチン音を立てて粉になった
 
ああ 戦場やあわれ
故国の風は 骨を吹きとばした
故国は発展にいそがしかった
女は 化粧にいそがしかった
なんにもないところで
骨は なんにもなしになった

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死 (中公文庫)
稲泉 連
中央公論新社
売り上げランキング: 164,084
戦死やあわれ (岩波現代文庫)
竹内 浩三
岩波書店
売り上げランキング: 173,661
竹内浩三詩文集―戦争に断ち切られた青春 (風の道文庫)
竹内 浩三
風媒社
売り上げランキング: 746,310

« 金がきたら | トップページ | 空をかける »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事