ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 海雀(うみすずめ) | トップページ | ひばりのす »

ぼろぼろな駝鳥(だちょう)

ー高村光太郎ー

何が面白くて駝鳥を飼うのだ。

動物園の四坪半のぬかるみの中では、

脚が大股(おおまた)過ぎるじゃないか。

頸(くび)があんまり長過ぎるじゃないか。

雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるじゃないか。

腹がへるから堅パンも食うだろうが、

駝鳥の眼は遠くばかり見ているじゃないか。

身も世もない様に燃えているじゃないか。

瑠璃色(るりいろ)の風が今にも吹いて来るのを待ちかまえているじゃないか。

あの小さな素朴な頭が無辺代の夢で逆まいているじゃないか。

これはもう駝鳥じゃないじゃないか。

人間よ、
もう止(よ)せ、こんな事は。

 

« 海雀(うみすずめ) | トップページ | ひばりのす »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー