無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 求婚の広告 | トップページ | 弾を浴びた島 »

2015/03/08

立 札

ー山之口貘ー

かれらはみんな

ひそんでいたのだ

蟻だの蠅だの毛虫だの

蜘蛛だの蛇だの蛙だのとそれぞれが任意の場所に身を構えて

いっせいに季節を呼び合っているのだ

義兄がそろそろまたはじまった

鉢巻をして手製の銛(もり)を提げて

うえの畑へと出かけるようになった

今年はまだ一匹も

銛にやられた奴を見ないが

土龍(もぐら)のやろうはすでにうえの畑を荒しているというのだ

いよいよここらで世の中も

暑くなるばかりになったのか

かれらはみんな

ひそんでいたのだが

緑を慕ってさかんにいろんな姿を地上に現わして来たのだ

隣りの村ではもうその部落の入口に

夏むきなのを一本

おっ立てた

村内の協議に依りとあって

物貰(ものもら)いと

押売りなどの立入りを
お断り致しますとあるのだ

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 求婚の広告 | トップページ | 弾を浴びた島 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事