無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 砂の砦 | トップページ | 落葉(らくよう) »

2015/03/19

鴎(かもめ)

ー三好達治ー

ついに自由は彼らのものだ

彼ら空で恋をして 

雲を彼らの伏床(ふしど)とする

ついに自由は彼らのものだ

 

ついに自由は彼らのものだ

太陽を東の壁にかけ 

海が夜明けの食堂だ

ついに自由は彼らのものだ

 

ついに自由は彼らのものだ

太陽を西の壁にかけ 

海が日暮れの舞踏室だ

ついに自由は彼らのものだ

 

ついに自由は彼らのものだ

彼ら自身が彼らの故郷 

彼ら自身が彼らの墳墓(ふんぼ)

ついに自由は彼らのものだ

ついに自由は彼らのものだ

一つの星をすみかとし 

一つの言葉でこと足りる

ついに自由は彼らのものだ

 

ついに自由は彼らのものだ

朝やけを明日の歌とし

夕やけを夕べの歌とす

ついに自由は彼らのものだ

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

三好達治詩集 (ハルキ文庫)
三好 達治
角川春樹事務所 (2012-11-15)
売り上げランキング: 170,802

 

« 砂の砦 | トップページ | 落葉(らくよう) »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事