無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 初 恋 | トップページ | 鳴け 田螺(たにし) »

2015/03/19

灰が降る

ー三好達治ー

灰が降る灰が降る

成層圏から灰が降る

 

灰が降る灰が降る

世界一列灰が降る

 

北極熊もペンギンも

椰子(やし)も菫(すみれ)も鶯(うぐいす)も

 

知らぬが仏でいるうちに

世界一列店(たな)だてだ

 

一つの胡桃(くるみ)をわけあって

彼らが何をするだろう

 

死の総計の灰をまく

とんだ花咲爺(はなさかじい)さんだ

 

蛍(ほたる)いっぴき飛ぶでなく

いっそさっぱりするだろか

 

学校というう学校が

それから休みになるだろう

 

銀行の窓こじあける

ギャングもいなくなるだろう

 

それから六千五百年

地球はぐっすり寝るだろう

 

それから六万五千年

それでも地球は寝てるだろう

 

小さな胡桃をとりあって

彼らが何をしただろう

 

お月様が

囁(ささや)いた

 

昔々あの星に

悧巧(りこう)な猿が住んでいた

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

三好達治詩集 (ハルキ文庫)
三好 達治
角川春樹事務所 (2012-11-15)
売り上げランキング: 170,802

« 初 恋 | トップページ | 鳴け 田螺(たにし) »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事