無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 冬の日の記憶 | トップページ | 妹 よ »

2015/02/10

残 暑

ー中原中也ー

畳の上に、寝ころぼう、
蝿はブンブン 唸(うな)ってる
畳ももはや 黄色くなったと
今朝がた 誰かが云っていたっけ

それやこれやと とりとめもなく
僕の頭に 記憶は浮かび
浮かぶがままに 浮かべているうち
いつしか 僕は眠っていたのだ

覚めたのは 夕方ちかく
まだかなかなは 啼いてたけれど
樹々の梢は 陽を受けてたけど、
僕は庭木に 打水やった

    打水が、樹々の下枝の葉の尖(さき)に
    光っているのをいつまでも、僕は見ていた

(注)原文には、「かなかな」に傍点がつけられています。
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 冬の日の記憶 | トップページ | 妹 よ »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事