無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 独身者 | トップページ | ミミコの独立 »

2015/02/10

六月の雨

ー中原中也ー

またひとしきり 午前の雨が
菖蒲(しょうぶ)のいろの みどりいろ
眼(まなこ)うるめる 面長(おもなが)き女(ひと)
たちあらわれて 消えてゆく

たちあらわれて 消えゆけば
うれいに沈み しとしとと
畠(はたけ)の上に 落ちている
はてしもしれず 落ちている

       お太鼓(たいこ)叩(たた)いて 笛吹いて
       あどけない子が 日曜日
       畳の上で 遊びます

       お太鼓叩いて 笛吹いて
       遊んでいれば 雨が降る
       櫺子(れんじ)の外に 雨が降る
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 独身者 | トップページ | ミミコの独立 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事