カテゴリー

« 妹 よ | トップページ | 六月の雨 »

2015/02/10

独身者

ー中原中也ー

石鹸箱(せっけんばこ)には秋風が吹き
郊外と、市街を限る路(みち)の上には
大原女(おはらめ)が一人歩いていた

――彼は独身者(どくしんもの)であった
彼は極度の近眼であった
彼はよそゆきを普段に着ていた
判屋奉公(はんやぼうこう)したこともあった

今しも彼が湯屋(ゆや)から出て来る
薄日(うすび)の射してる午後の三時
石鹸箱には風が吹き
郊外と、市街を限る路の上には
大原女が一人歩いていた
 
 
(注)原文には、「よそゆき」に傍点がつけられています。
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 妹 よ | トップページ | 六月の雨 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事