ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 少女と雨 | トップページ | ゴムマリの歌 »

夜 店

ー中原中也ー

アセチリンをともして、
低い台の上に商品を並べていた、
僕は昔の夜店を憶(おも)う。
万年草(まんねんぐさ)を売りに出ていた、
植木屋の爺々(じじい)を僕は憶う。

あの頃僕は快活であった、
僕は生きることを喜んでいた。

今、夜店はすべて電気を用い、
台は一般に高くされた。

僕は呆然(ぼうぜん)と、つまらなく歩いてゆく。
部屋(うち)にいるよりましだと思いながら。

僕にはなんだって、つまらなくって仕方がない。
それなのに今晩も、こうして歩いている。
電車にも、人通りにも、僕は関係がない。
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 少女と雨 | トップページ | ゴムマリの歌 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー