無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 少女と雨 | トップページ | ゴムマリの歌 »

2015/02/10

夜 店

ー中原中也ー

アセチリンをともして、
低い台の上に商品を並べていた、
僕は昔の夜店を憶(おも)う。
万年草(まんねんぐさ)を売りに出ていた、
植木屋の爺々(じじい)を僕は憶う。

あの頃僕は快活であった、
僕は生きることを喜んでいた。

今、夜店はすべて電気を用い、
台は一般に高くされた。

僕は呆然(ぼうぜん)と、つまらなく歩いてゆく。
部屋(うち)にいるよりましだと思いながら。

僕にはなんだって、つまらなくって仕方がない。
それなのに今晩も、こうして歩いている。
電車にも、人通りにも、僕は関係がない。
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 少女と雨 | トップページ | ゴムマリの歌 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事