無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 間奏曲 | トップページ | 港市の秋 »

2015/02/10

宿 酔

ー中原中也ー

朝、鈍(にぶ)い日が照ってて
  風がある。
千の天使が
  バスケットボールする。

私は目をつむる、
  かなしい酔いだ。
もう不用になったストーヴが
  白っぽく銹(さ)びている。

朝、鈍い日が照ってて
  風がある。
千の天使が
  バスケットボールする。
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 間奏曲 | トップページ | 港市の秋 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事