カテゴリー

« 間奏曲 | トップページ | 港市の秋 »

2015/02/10

宿 酔

ー中原中也ー

朝、鈍(にぶ)い日が照ってて
  風がある。
千の天使が
  バスケットボールする。

私は目をつむる、
  かなしい酔いだ。
もう不用になったストーヴが
  白っぽく銹(さ)びている。

朝、鈍い日が照ってて
  風がある。
千の天使が
  バスケットボールする。
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 間奏曲 | トップページ | 港市の秋 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事