カテゴリー

« 屠殺所 | トップページ | 宿 酔 »

2015/02/10

間奏曲

ー中原中也ー

いとけない顔のうえに、
降りはじめの雨が、ぽたっと落ちた……

百合(ゆり)の少女の眼瞼(まぶた)の縁(ふち)に、
露の玉が一つ、あらわれた……

春の祭の街の上に空から石が降って来た
人がみんなとび退(の)いた!

いとけない顔の上に、
雨が一つ、落ちた……
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 屠殺所 | トップページ | 宿 酔 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事