カテゴリー

« 花がふってくると思う | トップページ | 死の遊び »

2015/02/11

母をおもう

八木重吉

けしきが
あかるくなってきた
母をつれて
てくてくあるきたくなった
母はきっと
重吉よ重吉よといくどでもはなしかけるだろう

(八木重吉「貧しき信徒」青空文庫より。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 花がふってくると思う | トップページ | 死の遊び »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事