カテゴリー

« すかんぽ原 | トップページ | 装甲弾機 »

2015/02/18

散髮屋の夜

ー桜間中庸ー

さんぱつやの 窓の月は

くさい髮の にほいがする

みみずが 細々と泪の音をたてている

そんなに月がかなしいのかい

痩せきった 俺のからだに

夏が 夏が

しんみりと重たい

 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« すかんぽ原 | トップページ | 装甲弾機 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事