無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 鮭と人間の価五十銭也 | トップページ | 卑怯者 »

2015/02/18

レールの下の生活

ー萩原恭次郎ー

京橋あたりのレールの下に

生活があって家屋を立てていると云うのか!

たんぽぽは咲かないよ!

腕と眼のない顔と毛髪と腹部とが

コンクリートにまぜられては床をつくってゆく

アスファルトの街道!ゴム輪の自動車と人間が散らばっている!

車輪の流産とポールの合図!

足でさえも胴のあたりから何時のまにかもぎられ

歩っているままで埋められるか知れたものじゃない!

(萩原恭次郎「死刑宣告」(日本図書センター)Wikisouceより。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

 

« 鮭と人間の価五十銭也 | トップページ | 卑怯者 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事