無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 卑怯者 | トップページ | 壁の中につっ立っている男 »

2015/02/18

日比谷のベンチで

ー萩原恭次郎ー

日比谷のベンチで

雪と愛が悲しいSの字を描いてゐる

青い魚がどこともなく泳いで

空に寒い街並みが映っている

頭の中に恋人の欧文字があった

棄ててある蜜柑の皮は自らを嘲笑う赤い舌である!

(萩原恭次郎「死刑宣告」(日本図書センター)Wikisouceより。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

 

« 卑怯者 | トップページ | 壁の中につっ立っている男 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事