カテゴリー

« 日比谷 | トップページ | 幽 霊 »

2015/02/18

コーヒー一杯で午前は終わった

ー萩原恭次郎ー

疲れた虫が

もの倦い花弁の中を泳いでいる

接吻も飽いた

コーヒー一杯で午前は終った

 

天気の悪い日だ

肉体が死を思う

肉体のはなれゆく悲哀を

厭しつけるような重い憂欝の抱擁でつづけた

女は赤いキモノをつけて笑っていた

古びたくっしよんの上で

ピエローは死につつある

一日は終った

黄色い電灯が部屋へやって来た

(萩原恭次郎「死刑宣告」(日本図書センター)Wikisouceより。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

 

« 日比谷 | トップページ | 幽 霊 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事