無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« コーヒー一杯で午前は終わった | トップページ | 桃の花 »

2015/02/18

幽 霊

ー萩原恭次郎ー

私の思想は髪毛や胃や腸である!

私は晩飯を食って女に小説をよんでやる!

女でも男でもない幽霊ゴーストが

脳膜にぼんやりとうつっている!

ぶらさがった上着のように青ざめて笑っている!

せむしのように部屋の中を泳いでいる!

女の臓腑や胎児まですっかりうつっている!

赤い人形はいくつも部屋に

糸につるされてさがっている!

彼の女は部屋中にポカンとした目を開けている!

大きな眼は何を見ているのか知れない!

不思議な世界がうつっているらしい!

時計のように寂しい夜が歩いて来る音が聞える!

(萩原恭次郎「死刑宣告」(日本図書センター)Wikisouceより。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« コーヒー一杯で午前は終わった | トップページ | 桃の花 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事