カテゴリー

« 残 暑 | トップページ | 独身者 »

2015/02/10

妹 よ

ー中原中也ー

夜、うつくしい魂は涕(な)いて、
  ――かの女こそ正当(あたりき)なのに――
夜、うつくしい魂は涕いて、
  もう死んだっていいよう……というのであった。

湿った野原の黒い土、短い草の上を
  夜風は吹いて、 
死んだっていいよう、死んだっていいよう、と、
  うつくしい魂は涕くのであった。

夜、み空はたかく、吹く風はこまやかに
  ――祈るよりほか、わたくしに、すべはなかった……
 
<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 残 暑 | トップページ | 独身者 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事