無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« まるい鳥 | トップページ | 洋装した十六の娘 »

2015/02/10

林檎料理

ー大手拓次ー

手にとってみれば
ゆめのようにきえうせる淡雪(あわゆき)りんご、
ネルのきものにつつまれた女のはだのように
ふうわりともりあがる淡雪りんご、
舌のとけるようにあまくねばねばとして
嫉妬のたのしい心持にも似た淡雪りんご、
まっしろい皿のうえに
うつくしくもられて泡をふき、
香水のしみこんだ銀のフォークのささるのを待っている。
とびらをたたく風のおとのしめやかな晩、
さみしい秋の
林檎料理のなつかしさよ。

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

大手拓次詩集 (岩波文庫)
大手 拓次
岩波書店
売り上げランキング: 155,975
藍色の蟇 (青空文庫POD(ポケット版))
大手拓次
青空文庫POD (2015-03-31)
売り上げランキング: 629,834

« まるい鳥 | トップページ | 洋装した十六の娘 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事