無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 卵の月 | トップページ | 渓 流 »

2015/02/10

永 遠

ーアルチュール・ランボー(中原中也訳)ー

また見付かった。
何がだ? 永遠。
去(い)ってしまった海のことさあ
太陽もろとも去(い)ってしまった。

見張番の魂よ、
白状しようぜ
空無な夜(よ)に就き
燃ゆる日に就き。

人間共の配慮から、
世間共通(ならし)の逆上(のぼせ)から、
おまえはさっさと手を切って
飛んでゆくべし……

もとより希望があるものか、
願いの条(すじ)があるものか
黙って黙って勘忍して……
苦痛なんざあ覚悟の前。

繻子の肌した深紅の燠(おき)よ、
それそのおまえと燃えていりゃあ
義務(つとめ)はすむというものだ
やれやれという暇もなく。

また見付かった。
何がだ? 永遠。
去(い)ってしまった海のことさあ
太陽もろとも去(い)ってしまった。

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

ランボー全詩集 (ちくま文庫)
アルチュール ランボー
筑摩書房
売り上げランキング: 41,519
地獄の季節 (岩波文庫)
ランボオ
岩波書店
売り上げランキング: 21,478
ランボー全詩集 (河出文庫)
アルチュール・ランボー
河出書房新社
売り上げランキング: 406,121
ランボー詩集 (新潮文庫)
ランボー
新潮社
売り上げランキング: 62,392
ランボーの言葉  地獄を見た男からのメッセージ
野内 良三
中央公論新社
売り上げランキング: 509,416
ランボオ詩集 (岩波文庫)

岩波書店
売り上げランキング: 135,268

« 卵の月 | トップページ | 渓 流 »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事