ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 夏の終り | トップページ | 〔風がおもてで呼んでいる〕 »

眼にて云う

ー宮沢賢治ー

だめでしょう

とまりませんな

がぶがぶ湧いているですからな

ゆうべからねむらず血も出つづけなもんですから

そこらは青くしんしんとして

どうも間もなく死にそうです

けれどもなんといい風でしょう

もう清明が近いので

あんなに青ぞらからもりあがって湧くように

きれいな風が来るですな

もみじの嫩芽(わかめ)と毛のような花に

秋草のような波をたて

焼痕のある藺草(いぐさ)のむしろも青いです

あなたは医学会のお帰りか何かは知りませんが

黒いフロックコートを召して

こんなに本気にいろいろ手あてもしていただけば

これで死んでもまずは文句もありません

血がでているにかかわらず

こんなにのんきで苦しくないのは

魂魄(こんばく)なかばからだをはなれたのですかな

ただどうも血のために

それを云えないがひどいです

あなたの方からみたらずいぶんさんたんたるけしきでしょうが

わたくしから見えるのは

やっぱりきれいな青ぞらと
すきとおった風ばかりです。

(宮沢賢治「疾中」青空文庫より。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 夏の終り | トップページ | 〔風がおもてで呼んでいる〕 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー