無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 眼にて云う | トップページ | 夜の停留所で »

2015/02/19

〔風がおもてで呼んでいる〕

ー宮沢賢治ー

風がおもてで呼んでいる

「さあ起きて

赤いシャッツと

いつものぼろぼろの外套を着て

早くおもてへ出て来るんだ」と

風が交々叫んでいる

「おれたちはみな

おまえの出るのを迎えるために

おまえのすきなみぞれの粒を

横ぞっぱうに飛ばしている

おまえも早く飛びだして来て

あすこの稜ある巌(いわお)の上

葉のない黒い林のなかで

うつくしいソプラノをもった

おれたちのなかのひとりと

約束通り結婚しろ」と

繰り返し繰り返し

風がおもてで叫んでいる

(宮沢賢治「疾中」青空文庫より。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

« 眼にて云う | トップページ | 夜の停留所で »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事