無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 〔風がおもてで呼んでいる〕 | トップページ | 明るい方へ »

2015/02/19

夜の停留所で

ー伊東静雄ー

室内楽はピタリとやんだ

終曲のつよい熱情とやさしみの殘響

いつの間(ま)にか

おれは聴き入っていたらしい

だいぶして

楽器を取り片づけるかすかな物音

何かに絃(げん)のふれる音

そして少女の影が三四(さんし)大きくゆれて

ゆっくり一つ一つ窓をおろし

それらの姿は窓のうちに

しばらくは動いているのが見える

と不意に燈(ひ)が一度に消える

あとは身にしみるように靜かな

ただくらい学園の一角

ああ無邪気な淨福よ

目には消えていまは一層あかるくなった窓の影絵に

そっとおれは呼びかける

おやすみ

(「伊東静雄詩集」岩波文庫より。現代仮名遣いに改めました。)

<ぜひ読んでおきたい! 心に残る短い詩>

 

« 〔風がおもてで呼んでいる〕 | トップページ | 明るい方へ »

短くて心に残る詩」カテゴリの記事