ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 恋の行方(ゆくえ)/「寒い夜の自我像」番外編2 | トップページ | 恋の過去/「木蔭」 »

恋の行方(ゆくえ)/「寒い夜の自我像」その3

(前回から続く)

「山羊の歌」の「寒い夜の自我像」(第3次形態)に戻りましょう。

「白痴群」の創刊号に発表した時にも
この形でした。(第2次形態)

寒い夜の自我像

きらびやかでもないけれど
この一本の手綱(たずな)をはなさず
この陰暗の地域を過ぎる!
その志(こころざし)明らかなれば
冬の夜を我(われ)は嘆(なげ)かず
人々の憔懆(しょうそう)のみの愁(かな)しみや
憧れに引廻(ひきまわ)される女等(おんなら)の鼻唄を
わが瑣細(ささい)なる罰と感じ
そが、わが皮膚を刺すにまかす。

蹌踉(よろ)めくままに静もりを保ち、
聊(いささ)かは儀文(ぎぶん)めいた心地をもって
われはわが怠惰(たいだ)を諫(いさ)める
寒月(かんげつ)の下を往(ゆ)きながら。

陽気で、坦々(たんたん)として、而(しか)も己(おのれ)を売らないことをと、
わが魂の願うことであった!

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。「新かな」に変え、一部「ルビ」を加えました。編者。)

「白痴群」の創刊号(昭和4年4月1日発行)に発表した時に
第2、第3節をカットしたのは
巻頭に載せる詩としての役割を持たせたかったからでした。

「白痴群」は「ゆるい集団」でしたから
規約も方針も定まっているわけではないので
勝手な意思表明(マニフェスト)のつもりで
詩人は創刊号にそれらしきものを載せようとしたのです。

詩集「山羊の歌」としては
「わが喫煙」や「妹よ」の「恋愛詩」の流れがトーンダウンし
詩人のスタンスの表明が前面に出てきたようですが
「恋歌」が消えてしまったわけではありません。

「一本の手綱」をしっかりとにぎり
陰暗の地域を過ぎる
詩人として生きるという志は確かなものでしたから
たとえ
人々が憔懆だけで愁しんだり
(泰子が)憧れに引き廻されて鼻唄を歌ったりしても……
それは自分への罰と感じるものであるし
その罰が自分の皮膚を刺すに任せておく、と歌ったのです。

(原形詩では、ここのところをいっそう詳細に歌い、ついには「神」を呼び出します。)

「蹌踉(よろ)めくままに」は
「蹌踉(そうろう)として」という漢語をやわらかくしたもので
「よろよろとしながらも」という意味合いです。

「聊(いささ)かは儀文(ぎぶん)めいた心地をもって」も
「少しは礼儀正しくして」というほどの意味で
「怠惰」を諫(いさ)める気持ちを表明しているのです。

倦怠(けだい)に親しい詩人が
「怠惰を諫める」と言明するのは珍しいことです。

« 恋の行方(ゆくえ)/「寒い夜の自我像」番外編2 | トップページ | 恋の過去/「木蔭」 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー