ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 恋(人)ふたたび/「無題」 | トップページ | 恋(人)ふたたび/「無題」その3 »

恋(人)ふたたび/「無題」その2

「無題」が「汚れっちまった悲しみに……」の後に配置されたのは
冒頭節の第5行、
私は私のけがらわしさを歎(なげ)いている。
――につながり
やがては全詩へと接続していくことを示すものでしょうか。

「汚れっちまった悲しみに……」の「汚れ」は
「無題」の「けがらわしさ」に連続しているのでしょうか。

第1節だけを
クローズアップして読んでみましょう。

   Ⅰ

こい人よ、おまえがやさしくしてくれるのに、
私は強情だ。ゆうべもおまえと別れてのち、
酒をのみ、弱い人に毒づいた。今朝
目が覚めて、おまえのやさしさを思い出しながら
私は私のけがらわしさを歎(なげ)いている。そして
正体もなく、今茲(ここ)に告白をする、恥もなく、
品位もなく、かといって正直さもなく
私は私の幻想に駆られて、狂い廻(まわ)る。
人の気持ちをみようとするようなことはついになく、
こい人よ、おまえがやさしくしてくれるのに
私は頑(かたく)なで、子供のように我儘(わがまま)だった!
目が覚めて、宿酔(ふつかよい)の厭(いと)うべき頭の中で、
戸の外の、寒い朝らしい気配(けはい)を感じながら
私はおまえのやさしさを思い、また毒づいた人を思い出す。
そしてもう、私はなんのことだか分らなく悲しく、
今朝はもはや私がくだらない奴だと、自(みずか)ら信ずる!

第1節はこのように
16行ぶっ通しの1連で終わる詩です。

リズムを刻む余裕も意志もないままに
息せききって書きなぐったような16行です。

一見して、
第3行、第5行、第6行に無理矢理な「改行」があり
何らかのたくらみが潜んでいるのかと疑問を抱かせられますが
ここでは「形」に目を奪われていられません。

こい人よ、おまえが
――と呼びかける相手は
まさしく長谷川泰子ですから!

泰子が現われるのが
まずは驚きですが。

私=詩人はいま二日酔いの朝を迎え
泰子を思いながら
反省しているのです。

その反省が
自分の「けがらわしさ」へ向かっているのです。

となれば……。

この「けがらわしさ」は
「汚れてしまった悲しみ」の「汚れ」と同じことになります。

「ヨゴレ」と読んできたものと
「ケガラワシサ」が同じことになります。

<インデックスへ>

« 恋(人)ふたたび/「無題」 | トップページ | 恋(人)ふたたび/「無題」その3 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー