ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 行きつ戻りつ/「憔悴」その3 | トップページ | 詩(人)論の歌/「憔悴」その5 »

口語自由詩/「憔悴」その4

憔 悴
 
       Pour tout homme, il vient une èpoque
     
       où l'homme languit. ―Proverbe.

       Il faut d'abord avoir soif……
                       
                 ――Cathèrine de Mèdicis.

私はも早、善(よ)い意志をもっては目覚めなかった
起きれば愁(うれ)わしい 平常(いつも)のおもい
私は、悪い意志をもってゆめみた……
(私は其処(そこ)に安住したのでもないが、
其処を抜け出すことも叶(かな)わなかった)
そして、夜が来ると私は思うのだった、
此(こ)の世は、海のようなものであると。

私はすこししけている宵(よい)の海をおもった
其処を、やつれた顔の船頭(せんどう)は
おぼつかない手で漕(こ)ぎながら
獲物があるかあるまいことか
水の面(おもて)を、にらめながらに過ぎてゆく

   Ⅱ

昔 私は思っていたものだった
恋愛詩なぞ愚劣(ぐれつ)なものだと

今私は恋愛詩を詠(よ)み
甲斐(かい)あることに思うのだ

だがまだ今でもともすると
恋愛詩よりもましな詩境にはいりたい

その心が間違っているかいないか知らないが
とにかくそういう心が残っており

それは時々私をいらだて
とんだ希望を起(おこ)させる

昔私は思っていたものだった
恋愛詩なぞ愚劣なものだと

けれどもいまでは恋愛を
ゆめみるほかに能がない

   Ⅲ

それが私の堕落かどうか
どうして私に知れようものか

腕にたるんだ私の怠惰(たいだ)
今日も日が照る 空は青いよ

ひょっとしたなら昔から
おれの手に負えたのはこの怠惰だけだったかもしれぬ

真面目(まじめ)な希望も その怠惰の中から
憧憬(しょうけい)したのにすぎなかったかもしれぬ

ああ それにしてもそれにしても
ゆめみるだけの 男になろうとはおもわなかった!

   Ⅳ

しかし此の世の善だの悪だの
容易に人間に分りはせぬ

人間に分らない無数の理由が
あれをもこれをも支配しているのだ

山蔭(さんいん)の清水のように忍耐ぶかく
つぐんでいれば愉(たの)しいだけだ

汽車からみえる 山も 草も
空も 川も みんなみんな

やがては全体の調和に溶けて
空に昇って 虹となるのだろうとおもう……

   Ⅴ

さてどうすれば利(り)するだろうか、とか
どうすれば哂(わら)われないですむだろうか、とかと

要するに人を相手の思惑(おもわく)に
明けくれすぐす、世の人々よ、

僕はあなたがたの心も尤(もっと)もと感じ
一生懸命郷(ごう)に従ってもみたのだが

今日また自分に帰るのだ
ひっぱったゴムを手離したように

そうしてこの怠惰の窗(まど)の中から
扇(おうぎ)のかたちに食指をひろげ

青空を喫(す)う 閑(ひま)を嚥(の)む
蛙(かえる)さながら水に泛(うか)んで

夜(よる)は夜とて星をみる
ああ 空の奥、空の奥。

   Ⅵ

しかし またこうした僕の状態がつづき、
僕とても何か人のするようなことをしなければならないと思い、
自分の生存をしんきくさく感じ、
ともすると百貨店のお買上品届け人にさえ驚嘆(きょうたん)する。

そして理窟(りくつ)はいつでもはっきりしているのに
気持の底ではゴミゴミゴミゴミ懐疑(かいぎ)の小屑(おくず)が一杯です。
それがばかげているにしても、その二っつが
僕の中にあり、僕から抜けぬことはたしかなのです。

と、聞えてくる音楽には心惹(ひ)かれ、
ちょっとは生き生きしもするのですが、
その時その二っつは僕の中に死んで、

ああ 空の歌、海の歌、
僕は美の、核心を知っているとおもうのですが
それにしても辛いことです、怠惰を逭(のが)れるすべがない!

(「新編中原中也全集」第1巻・詩Ⅰより。「新かな」に変え、一部「ルビ」を加えました。編者。)

全行を通して読むと
「誰でも疲れるときがくる」
「まず喉の渇きを……」
――というエピグラフが
「憔悴」という詩題を補い強化しているのがわかります。

出だしから終わりまで
全6節が同じトーンで語るように歌われています。
口語自由詩といってもよいか。

あえていえば
最終節をソネットとし
第2節から第5節までを
1連2行で通して「形」を作りました。

第4節以後が「僕」で
それまでは「私」が主語。
「怠惰」を歌うところだけに「おれ」が登場するという変化もあります。

定型への志向を感じさせないで
中味を聞かせようとするかの語り口……。

わたしはもはや、善い意志をもっては目覚めなかった
起きれば憂愁に満ちた、いつもの思い
わたしは、悪い意志をもって夢みた……

わたしはそこに安住したのではないけれど
そこから抜け出すこともできなかったんだ

そして、夜が来ると、わたしは思うのだった、
この世は、海のようなものだ、と。

わたしは少し時化(しけ)ている夜の海を思った
そこを、やつれた顔の船頭は
おぼつかない手で船を漕ぎながら
獲物があるまいかあるまいことかと
水面を睨んで過ぎて行く

夜の海を行く船頭の「やつれた顔」が
エピグラフの「疲れる時」に連なります。

昔、わたしは思っていたものだった
恋愛詩などは愚劣なものだと

今は恋愛詩を作り
やり甲斐を見つけている

でもまだ今でもどうにかすると
恋愛詩よりはましな詩境に入りたい

そう思う心が間違っているかいないか知らないが
とにかくそういう心が残っていて

それでしばしばぼくはいらだち
かえってとんでもない希望を抱かせられる

昔わたしは思っていたものだった
恋愛詩など愚劣なものだと

けれども今では恋愛を
夢みるほかに能がない

昔わたしは思っていたものだった
恋愛詩など愚劣なものだと
――に「形」への意思が見えます。
これはルフラン(繰り返し)です。

最後のところ
「恋愛詩」と「恋愛」が同じ土俵に上りますが
この二つは異なるものでもあります。

見逃してはならない
中也のひねりです。

「その心」「それ」という
連体詞や代名詞の指示するところも見失わないように。

それがわたしの堕落か
どうしてわたしに分かるものか

――と「Ⅲ」は「それ」について展開します。

わかるわけがないのは
それを堕落というのは世間(他者)であって
わたしはずっぽりとその中にあるからです

ただしわたしのは「堕落」とは違って「怠惰」ですがね
この二つは違うのです

腕の中でたるんでいるわたしの怠惰よ
今日も日は照ってて空は青いよ

ここらあたりで中也詩が動き出します。

それを堕落というならいうがいい
腕の中にたるんでいるぼくの怠惰さ
今日も日は照ってて空は青いよ青いよ

――と怠惰の役割みたいなことを歌いはじめるのです。

怠惰とは……。

それこそ、詩人が格闘してきた
主題のようなものでした。

もしかするとずっと昔から
おれが手に負えることができたのはこの怠惰だけだったかもしれない

「わたし(私)」でも「僕」でもなく
「おれ」がおそるおそる断言します。

まじめな希望も、
その怠惰の中にいるからこそ憧憬したに過ぎなかったのかもしれない

ああ、怠惰よ
それにしてもおれは
夢みるだけの男になろうとは思いもしなかった!

<インデックスへ>

« 行きつ戻りつ/「憔悴」その3 | トップページ | 詩(人)論の歌/「憔悴」その5 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー