ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 「白痴群」前後・片恋の詩7「追懐」 | トップページ | 「白痴群」前後・片恋の詩9「木蔭」 »

「白痴群」前後・片恋の詩8「消えし希望」

その1

 
中原中也が長谷川泰子とともに上京したのは
大正14年3月10日のことでした。
 
東京市牛込区早稲田鶴巻町414早成館に仮の住まいを得て後
豊多摩郡戸塚町大字源兵衛195林方、
豊多摩郡中野町大字中野小字打越1985永島方、
そして小林秀雄が近くに住む杉並町大字高円寺249若林方へ移ったのは
大正14年5月中旬から下旬の間のことでした。
 
上京2か月で
まだ住まいが定まっていなかったことが分かります。
 
小林秀雄はこの頃
杉並町馬橋226に家族とともに住んでおり
中也らの住まいは省線(中央線)の高円寺駅を使う場合
中途に位置していましたから
小林が往復の途次に立ち寄ることもあったのです。
 
泰子と小林の初めての邂逅(かいこう)は
この「若林方」においてであったか
小林が盲腸炎で入院していた京橋の泉橋病院でであったか、
「11月の事件」は
この邂逅から間もなくして起こります。
 
 
「追懐」や「消えし希望」が作られたのは
昭和4年7月ですから
4年の歳月が流れていました。
 
 
消えし希望
 
暗き空へと消えゆきぬ
わが若き日を燃えし希望は。
 
夏の夜の星の如(ごと)くは今もなお
遠きみ空に見え隠る、今もなお。
 
暗き空へと消えゆきぬ
わが若き日の夢は希望は。
 
今はた此処(ここ)に打伏(うちふ)して
獣の如くも、暗き思いす。
 
そが暗き思い何時(いつ)の日
晴れんとの知るよしなくて、
 
溺れたる夜(よる)の海より
空の月、望むが如し。
 
その浪はあまりに深く
その月は、あまりにきよく。
 
あわれわが、若き日を燃えし希望の
今ははや暗き空へと消え行きぬ。
 
           (1929、7、14)
 
 
「山羊の歌」の「小年時」に配置され
「失せし希望」として広く読まれている詩は
はじめ「消えし希望」のタイトルでした。
 
「白痴群」に発表された時に「失せし希望」と変更され
「山羊の歌」でもそのままになり
内海誓一郎が作曲することになった時にもそのままでした。
 
この詩は
昭和5年5月7日に行われた
「スルヤ」の第5回発表演奏会で
内海誓一郎が作曲した歌曲として初演されました。
 
詩人はこの曲を気に入り
一部ながらメロディーを覚えて
酔ったときなどに鼻歌で歌っていたことが伝わっています。
 
 
その2
 
上京して1年もしない大正14年11月に
泰子は中也の元を去り
小林秀雄と暮らしはじめます。
 
中也のほうは
一人大都会に投げ出された恰好で
まだ定まっていない住居を転々と変えましたが
昭和3年9月には
高井戸で関口隆克らとの共同生活に参加し
翌4年1月には渋谷・神山町へ引っ越し
このあたりからようやく落ち着きはじめ
「白痴群」の時代に入ります。
 
この頃から引っ越しのインターバルが
やや長目になっていきました。
 
 
失せし希望
 
暗き空へと消えゆきぬ
  わが若き日を燃えし希望は。
 
夏の夜の星の如くは今もなお
  遐きみ空に見え隠る、今もなお。
 
暗き空へと消えゆきぬ
  わが若き日の夢は希望は。
 
今はた此処(ここ)に打伏して
  獣の如くも、暗き思いす。
 
そが暗き思いいつの日
  晴れんとの知るよしなくて、
 
溺れたる夜(よる)の海より
  空の月、望むが如し。
 
その浪はあまりに深く
  その月は、あまりに清く、
 
あわれわが、若き日を燃えし希望の
  今ははや暗き空へと消え行きぬ。
 
 
ここに掲出したのは「失せし希望」です。
「消えし希望」とほとんど変わりません。
1連2行の2行目を2字下げにし
「遠」の字を「遐」に変えたのが主な変更でした。
 
 
「消えゆきぬ」という文語の過去形が
3度現われるのは
「あの日」が失われた過去として
詩人の内部に「形」となったことを示しているのでしょう。
 
4年という時間が
詩人に「断念」をもたらしたのでしょうか?
 
いや、それは断念とか諦めとかではあっても
夏の夜空に瞬(またた)く星のように
「そこに」見え隠れしているものでした。
過去のもとして消えて無くなってしまったのではなく
星のように「いつも存在する」
星のように「見え隠れする」というように変化しただけでした。
 
 
そのように思えるようになったということはしかし、
「客体化」されたということらしく
距離をおいて「眺める」ことができるようになったことらしく
詩にはどこかしら「さっぱりした感じ」が漂います。
 
ここに伏して、獣のように、暗い思い(に沈み)
この暗い思いはいつ晴れるのかも分からない
溺れた夜の海から、空の月、望むようだ
――という心境であっても
暗澹としたものだけではない「何ものか」が漂います。
 
「星」のように見え隠れし
「月」のように浮かんでいる
「形」として見えているのです。
 
 
「ノート小年時」には
「消えし希望」のほかに
「木蔭」と「夏の海」が7月10日の日付けで
「頌歌」が13日付けで
「追懐」が14日付けで清書されて残っていますが
 
これらの詩篇にも
一様に「さっぱりとした感じ」があり
それは、たとえば「木蔭」に溢れる光や緑に
慰めを見出した詩人の姿を見ることができるからでしょうか。
 
 
 
 
 

« 「白痴群」前後・片恋の詩7「追懐」 | トップページ | 「白痴群」前後・片恋の詩9「木蔭」 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー