ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« ラフォルグ<3>でぶっちょの子供の歌へる | トップページ | ラフォルグ<5>牧羊神、月下の一群 »

ラフォルグ<4>はかない茶番

「でぶっちょの子供の歌へる」は
中原中也の面目躍如といった感じの作品で
幼児を主語にした内容もピタリ
ルフラン(繰り返し)や
呪文のようなオノマトペのような
ラ リ レット!といったセリフも
まるで
中原中也の世界のようで
翻訳とは思えないほどですし
 
ホラ、ね、鳴ってら、僕の心臓
 
このフレーズは
 
ホラホラ、これが僕の骨だ
(「骨」)
 
に、一直線に繋がっていくようで
わくわくドキドキしてきてしまいますね。
 
立ち止まってじっくり味わいたいのですが
それは
もう少しラフォルグの全体像を
つかんでからということにします。
 
「謝肉祭の夜」、
「でぶっちょの子供の歌へる」の次は
「はかない茶番」。
この3作品は
「地球のすすり泣き」のタイトルで
ひとまとめにされる計画のあった
ラフォルグ初期の詩群の一つ。
 
原作品は
12音節詩句=アレクサンドランで作られた
ソネットということです。
(以上、新全集第3巻翻訳 解題篇より)
 
とにかく
作品を読んでみます。
 
(つづく)
 
 *
はかない茶番
 
          ジュール・ラフォルグ
 
バベルを幾つ集めても、威張つた所で泣いた所で、
人間という夢想家は、一小世界の蛆虫(うじむし)と、
とくと考へみるほどに、あんまし滑稽で仕方がない、
いくら考へ直してみても、いつも結局おなじこと。
 
それ劫初、涯なき海が造られてより、
天辺は、いつも変らぬ無辺際、
恒星は、続々々々繁殖し、その各々が
人畜棲息の惑星を、夫々引率れてゐるといふわけ……
 
いやはや言語道断な! これではあんまり可笑(おか)しくて!
と、不感無覚の空にむけ、俺は拳固を振上げた!
空の奴、随分俺を騙(だま)しをつたな?
 
誤魔化したつて知つてるぞ、我が此の地球は、
壮観な、宇宙讃歌(ホザナ・ホザナ)のその中で、
茶番の掛かる、たかゞ芝居の小屋ではないか。
 
(「中原中也全訳詩集」講談社文芸文庫より)
 
 
 
 
 
 
 
 

« ラフォルグ<3>でぶっちょの子供の歌へる | トップページ | ラフォルグ<5>牧羊神、月下の一群 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー