ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 盗まれた心 | トップページ | やさしい姉妹 »

ジャンヌ・マリーの手

 
ジャンヌ・マリーは丈夫な手してる、
だが夏負けして仄かに暗く、
蒼白いこと死人の手のよう。
ーージュアナの手とも云うべきだ?
 
この双つの手は褐の乳脂を
快楽(けらく)の池に汲んだのだろうか?
この双つの手は月きららめく
澄めらの水に浸ったものか?
 
太古の空を飲むだのだろうか?
可愛いお膝にちょんと置かれて。
この手で葉巻を巻いただろうか、
それともダイヤを商(あきな)ったのか?
 
マリアの像の熱き御足に
金の花をば萎ませたろうか?
西洋莨菪(はしりどころ)の黒い血は
掌(てのひら)の中で覚めたり睡(ね)たり。
 
双翅類をば猟(か)り集め
まだ明けやらぬ晨(あした)のけはいを
花々の密の槽へと飛ばすのか?
それとも毒の注射師か?
 
如何なる夢が捉えたのだろう?
展伸(ひろ)げられたるこの手をば、
亜細亜のかカンガワールのか
それともシオンの不思議な夢か?
 
ーー密柑を売りはしなかった、
神々の足の上にて、日に焼けたりもしなかった。
この手はぶざまな赤ン坊たちの
襁褓(むつき)を洗ったことはない。
 
この手は背骨(せぼね)の矯正者、
決して悪くはしないのだ、
機械なぞより正確で、
馬よりも猶強いのだ!
 
猛火とうごめき
戦(おのの)き慄い、この手の肉は
マルセイエーズを歌うけれども
エレーゾンなぞ歌はない!
 
あらくれどもの狼藉(ろうぜき)は
厳冬の如くこの手に応(こた)え、
この手の甲こそ気高い暴徒が
接唇(くちづけ)をしたその場所だ!
 
或時この手が蒼ざめた、
蜂起した巴里(パリ)市中の
霰弾砲(さんだんほう)の唐銅(からかね)の上に
托された愛の太陽の前で!
 
神々しい手よ、甞てしらじらしたことのない
我等の脣(くち)を顫わせる手よ、
時としておまえは拳(こぶし)の形して、その拳(こぶし)に
一連(ひとつら)の、指環もがなと叫ぶのだ!
 
又時としてその指々の血を取って、
おまえがさっぱりしたい時、
天使のような手よ、それこそは
我等の心に、異常な驚き捲き起すのだ。
 
※ 第6連の「カンガワール」の「ワ」は、原作では濁点が付いています。

 

 

 


ひとくちメモ その1

「ジャンヌ・マリイの手」Les Mains de Janne-Marieは
パリ・コンミューンの義勇兵となったランボーが
兵務の間をぬって、
「自由にぶらつき」回ったときの見聞などをもとに
コンミューン軍の女性労働者マリイを
100年前のフランス革命の女性闘士「ジャンヌ・ダルク」にダブらせて
歌いあげている詩です。

もちろん
マリイという名の女性が
実在したかどうかわかりませんし
架空の女性をランボーが創りあげたのかもしれませんが
その女性を
ランボーは遠くから崇(あが)めることはしないで
彼女の手の描写から歌ったのは
いかにも至近距離で
コミューン派の女性革命戦士を実際に見た印象が強かったからといえるでしょうか。

ジャンヌ・マリイの丈夫な手
夏の陽の乱反射にやられ、うすら暗い色、
青白く死人の手のようだ
――これを、ジュアナ(妖女)の手というのだろうか?

第1連終行にある「――」と
第7連初行にある「――」が
この詩の構造を理解する印(しるし)になっていることに注意してください。
第1連終行の「――」以下、第7連初行まで
同じ疑問符「?」をつけて
ジャンヌ・マリイの
丈夫で、暗い、死人のような
手の由来に疑問を投げかけ
第7連以降は
これらの疑問を打ち消すかの断言が連ねられ
マリイへの手の讃歌へと変わっているのです。

この両手は褐色の乳脂を
快楽の池から汲んだのだろうか?
両手は月がキラキラする
澄んだ水に漬かったものだろうか?
……

そういうこともあったかもしれない
……

しかし、この手は
蜜柑を売らない
神にひざまずき、日に焼けたりはしない、
赤ん坊たちのオムツを洗ったことはない
手だ。

この手は
背骨をも矯正する手
どんな機械よりも正確で
どんな馬よりも強い

猛(たけ)り狂う火のように
敏捷に、うち震え
マルセイエーズを歌うけれども
エレイゾン(賛美歌)などは歌わない
……

あらくれどもがこの手に応え
接吻した手。
大砲に降りそそぐ太陽の下で。

その手は拳を作って
この上に指輪があればねと叫ぶ。

 

革命の絶頂期のパリの真ん中から
ランボーが歌ったのは
たくましい女への讃歌(オマージュ)でした。

ひとくちメモ その2

中原中也訳の「ジャンヌ・マリイの手」Les Mains de Janne-Marieは
難解といわれもするランボーの詩の
機関銃のような言葉の乱射をそのまま再現し
難解なものは難解のままにしながら
生き生きと言葉一つひとつに命が息吹いているような
鮮やかさに満ちています。

ジャンヌ・マリイの丈夫な手
夏の陽の乱反射にやられ、うすら暗い色、
青白く死人の手のようだ
――これを、ジュアナ(妖女)の手というのだろうか?

この二つの手は褐色の乳脂を
快楽の池から汲んだのだろうか?
二つの手は月がキラキラする
澄んだ水に漬かったものだろうか?

太古の空の青を飲んだのだろうか?
可愛いお膝にチョコンと置かれて。
この手で葉巻を巻いただろうか、
ダイヤモンドの売り買いをしただろうか?

聖母マリア像の熱き御足に
金の花を縮ませたろうか?
ハシリドコロの黒い血は
手のひらで覚めては、また眠った。

ハエやカを採集して
まだ明けていない朝の気配を
花々の蜜のツボへと飛ばすのか?
それとも毒の注射のつもりか?

どんな夢が捉えたのだろう?
広げた手を
アジアのかカンガバールのか
それともシオンの不思議な夢なのか?

何かしら鮮烈な
意味を探ろうとすれば
混沌とした原色の世界が開けて
いったい、いま・ここはどこなのか、と
自問を迫られるような
とはいっても、それは苦痛になるということでもなく
むしろワクワクする
夢の中で見知らぬ場所を冒険しているような。

前半部は
ジャンヌ・マリイの遍歴への
詩人の幻想幻視なのでしょうか
マリイの革命への情熱の来歴が語られているのでしょうか。
詩人が紡いだ鮮烈なビジョンの旋回を
もう一人の詩人の言葉が必死に捕まえようとしているよう。

この手は
蜜柑を売らない、
神にひざまずいて陽に焼けたりはしない、
赤ん坊たちのオムツを洗ったことはない
手なのです。

これより「?」が「!」に変わります。
原詩にある通りの「技」を
中原中也はここで忠実に辿っています。

この手は
背骨をも矯正する手
どんな機械よりも正確で
どんな馬よりも強い!

猛(たけ)り狂う火のように
敏捷に、うち震え
マルセイエーズを歌うけれども
エレイゾン(賛美歌)などは歌わない!

……

大砲に降りそそぐ太陽の下で。
あらくれどもがこの手に応え
接吻した!

その手が
拳を作って
このうえ指輪があれば言うことはない、と叫んだ!

……

 *
 ジャンヌ・マリイの手

ジャンヌ・マリイは丈夫な手してる、
だが夏負けして仄かに暗く、
蒼白いこと死人の手のやう。
――ジュアナの手とも云ふべきだ?

この双つの手は褐の乳脂を
快楽(けらく)の池に汲んだのだらうか?
この双つの手は月きららめく
澄めらの水に浸つたものか?

太古の空を飲むだのだらうか?
可愛いお膝にちよんと置かれて。
この手で葉巻を巻いただらうか、
それともダイヤを商(あきな)つたのか?

マリアの像の熱き御足に
金の花をば萎ませたらうか?
西洋莨菪(はしりどころ)の黒い血は
掌(てのひら)の中で覚めたり睡(ね)たり。

双翅類をば猟り集め
まだ明けやらぬ晨(あした)のけはひを
花々の密の槽へと飛ばすのか?
それとも毒の注射師か?

如何なる夢が捉へたのだらう?
展伸(ひろ)げられたるこの手をば、
亜細亜のかカンガワールのか
それともシオンの不思議な夢か?

――密柑を売りはしなかつた、
神々の足の上にて、日に焼けたりもしなかつた。
この手はぶざまな赤ン坊たちの
襁褓を洗つたことはない。

この手は背骨(せぼね)の矯正者、
決して悪くはしないのだ、
機械なぞより正確で、
馬よりも猶強いのだ!

猛火とうごめき
戦き慄ひ、この手の肉は
マルセイェーズを歌ふけれども
エレーゾンなぞ歌はない!

あらくれどもの狼藉は
厳冬の如くこの手に応(こた)へ、
この手の甲こそ気高い暴徒が
接唇をしたその場所だ!

或時この手が蒼ざめた、
蜂起した巴里市中の
霰弾砲の唐銅(からかね)の上に
托された愛の太陽の前で!

神々しい手よ、甞てしらじらしたことのない
我等の脣(くち)を顫はせる手よ、
時としておまへは拳(こぶし)の形して、その拳(こぶし)に
一連(ひとつら)の、指環もがなと叫ぶのだ!

又時としてその指々の血を取つて、
おまへがさつぱりしたい時、
天使のやうな手よ、それこそは
我等の心に、異常な驚き捲き起すのだ。

 

(角川書店「新編中原中也全集 第3巻 翻訳」より)
※ 第6連の「カンガワール」の「ワ」は、原作では濁点が付いています。ルビは原作に
あるもののみを( )の中に入れました。編者。

« 盗まれた心 | トップページ | やさしい姉妹 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー