ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也のオノマトペ5 発表詩篇まとめ | トップページ | 中原中也のオノマトペ7・草稿詩篇(1925年―1928年)~ノート少年時 »

中原中也のオノマトペ6「ノート1924」のダダ詩

「未発表詩篇」に出てくるオノマトペは
オノマトペそのものだけを取り出していきます。

<ダダ手帖>
オノマトペはありません。

<ノート1924>

「不可入性」
ヒョッ

「自滅」
カシャカシャ

「春の夕暮」
ノメラン
ポトホト

意外なことに
ダダの詩にオノマトペはごくわずかでした。

オノマトペは
それ自体に意味を持たない場合がほとんどですから
「意味を隠すような詩」であるダダ詩には無用の長物なのかもしれません。

ですから「春の夕暮」の「ノメラン」と「ポトホト」は
大発見(大発明)だったということが逆にいえるということです。
もっといえばここ「ノート1924」に現われたオノマトペのすべてが
ダダ脱皮の萌芽(ほうが)であったと見ることもできるということです。

ダダイストとして出発した詩人は
オノマトペをわずかしか使わなかったのに
次第次第に使いこなすようになっていくのですから。

やがては「一つのメルヘン」で
「オノマトペの革命」を成し遂げてしまうのですから。

第1詩集「山羊の歌」のトップを「春の日の夕暮」とした理由の一つは
この詩のオノマトペが成功していると判断したからです。
その際に元の詩「春の夕暮」の「ノメラン」を「ヌメラン」と推敲しました。
このことは「山羊の歌」の完成期(編集期)には
詩人がオノマトペを重要な技と意識(自覚)していたことを証明しています。

« 中原中也のオノマトペ5 発表詩篇まとめ | トップページ | 中原中也のオノマトペ7・草稿詩篇(1925年―1928年)~ノート少年時 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー