ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也のオノマトペ6「ノート1924」のダダ詩 | トップページ | 中原中也のオノマトペ8「早大ノート(1930年―1937年) »

中原中也のオノマトペ7・草稿詩篇(1925年―1928年)~ノート少年時

「未発表詩篇」に出てくるオノマトペを
ひろい続けます。

<草稿詩篇(1925年―1928年)>

「退屈の中の肉親的恐怖」
ホロッホロッ

「或る心の一季節――散文詩」
チョコン

「秋の愁嘆」
かしゃかしゃ
かすかす

「少年時」
にこにこ
いらいら

「夜寒の都会」
ずたずた

「無 題」
つるつる

「屠殺所」
モー

「夏の夜」
うっすり

「間奏曲」
ぽたっ

20篇のうち9篇に
オノマトペがありました。

ダダ詩が混ざっている詩篇群にしては
多くなりつつありますか。

次の「ノート少年時」16篇も見ておきましょう。

<ノート少年時>

「寒い夜の自我像」
いらいら

「冷酷の歌」
ろくろく

「湖上」
ポッカリ
ひたひた

ここでもまだオノマトペは
非常に少ないことがわかりました。

 

« 中原中也のオノマトペ6「ノート1924」のダダ詩 | トップページ | 中原中也のオノマトペ8「早大ノート(1930年―1937年) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー