ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 太陽と肉体 | トップページ | 首吊人等の踊り »

オフェリア

 
  Ⅰ    
 
星眠る暗く静かな浪の上、
蒼白のオフェリア漂う、大百合か、
漂う、いともゆるやかに長き面帕(かつぎ)に横たわり。
近くの森では鳴ってます鹿遂詰めし合図の笛。
 
以来千年以上です真白の真白の妖怪の
哀しい哀しいオフェリアが、其処な流れを過ぎてから。
以来千年以上ですその恋ゆえの狂(くる)い女(め)が
そのロマンスを夕風に、呟いてから。
 
風は彼女の胸を撫で、水にしずかにゆらめける
彼女の大きい面(かおぎぬ)を花冠(かかん)のようにひろげます。
柳は慄えてその肩に熱い涙を落とします。
夢みる大きな額の上に蘆(あし)が傾きかかります。
 
傷つけられた睡蓮たちは彼女を囲繞(とりま)き溜息します。
彼女は時々覚まします、睡っている榛(はんのき)の
中の何かの塒(ねぐら)をば、すると小さな羽ばたきがそこから逃れて出てゆきます。
不思議な一つの歌声が金の星から堕ちてきます。
 
  Ⅱ   
 
雪の如くも美しい、おお蒼ざめたオフェリアよ、
そうだ、おまえは死んだのだ、暗い流れに運ばれて!
それというのもノルウェーの高い山から吹く風が
おまえの耳にひそひそと酷(むご)い自由を吹込んだため。
 
それというのもおまえの髪毛に、押寄せた風の一吹が、
おまえの夢みる心には、ただならぬ音とも聞こえたがため、
それというのも樹の嘆かいに、夜毎の闇の吐く溜息に、
おまえの心は天地の声を、聞き落(もら)すこともなかったゆえに。
 
それというのも潮(うしお)の音(おと)が、さても巨いな残喘(ざんぜん)のごと、
情けにあつい子供のような、おまえの胸を痛めたがため。
それというのも四月の朝に、美々(びび)しい一人の蒼ざめた騎手、
哀れな狂者がおまえの膝に、黙って坐りにやって来たため。
 
何たる夢想ぞ、狂いし女よ、天国、愛恋、自由とや、おお!
おまえは雪の火に於るがごと、彼に心も打靡かせた。
おまえの見事な幻想はおまえの誓いを責めさいなんだ。
ーーそして無残な無限の奴は、おまえの瞳を震駭(びっくり)させた。
 
  Ⅲ   
 
扨(さて)詩人奴(め)が云うことに、星の光をたよりにて、
嘗ておまえの摘んだ花を、夜毎おまえは探しに来ると。
又彼は云う、流れの上に、長い面帕(かつぎ)に横たわり、
真(ま)ッ白白(しろしろ)のオフェリアが、大きな百合かと漂っていたと。
 
〔一八七〇、六月〕
 
 
 
 

ひとくちメモ その1

中原中也訳の「オフェリア」Ophélieは、
昭和10年(1935)に「四季」の10月号に発表されたのを初出として
「ランボオ詩抄」(1936年6月)に再出、
「ランボオ詩集」(1937年9月)にも収録されました。

「四季」同号には
同時にランボーの「烏」の翻訳や
自作詩「我がヂレンマ」も
発表しています。

ランボーには
「ドゥエ詩帖」と呼ばれる
前期韻文詩の約半数22篇を収めた自筆原稿がありますが
「オフェリア」はその中の1篇です。

1870年5月24日付けで
テオドール・ド・バンヴィルに宛てた書簡に書きつけられたバリアントがありますが
このバンヴィル宛て書簡は
「感覚」「太陽と肉体」「オフェリア」の3作品を添えて
当時、フランス詩壇の中心的位置にあった詩誌
「現代高踏派詩集」への掲載を依頼する内容のものでした。

これらの詩が
ランボーの自信作であったことを示していますが
発行時期などの問題があり
掲載には至りませんでした。

オフェリアは
シェイクスピアの「ハムレット」(1600年?)に登場する
主人公ハムレットの恋人ですが
物語の結末では
ハムレットとすれ違って狂気に陥った挙句、
散歩中に小川に足を奪われ溺れ死ぬ
……という悲劇のヒロインとして
世界中に広まりました。

「ハムレット」の人気を作る要因の第一が
この水死のシーンと言ってよいほどに
オフェリアが小川を流れていく姿が鮮烈で
以後、文芸作品や絵画・美術などの様々な分野に
好んで題材とされるようになります。

ランボーも
19世紀末、
この戦列に参加したということになります。

日本語への翻訳は、
小林秀雄の「オフエリヤ」がありますが
ここでは
ランボーのOphélieがどんな詩なのか
中原中也訳「オフェリア」をまず読んでみることにしましょう。

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに
「振り仮名」も現代表記に変え
「テニオハ」を補完するなどして
読み下してみます。

星が眠る暗く静かな浪の上、
蒼白のオフェリアが漂う、大百合か、
漂う、とてもゆるやかに長いネッカチーフに横たわる。
近くの森では、鳴っています、鹿を追い詰めた合図の笛が。

以来、1000年も短いくらいです、真っ白の真っ白の妖怪の
哀しい哀しいオフェリアが、そこを流れ、過ぎた日から数えると。
以来、1000年も短い年月が経ちます、その恋に狂った女が
そのロマンスを夕方の風に、呟いてから。

風は彼女の胸を撫で、水に静かにゆらゆら揺れる
彼女の大きなベールを花の冠のように広げます。
ウィローはふるえて肩に熱い涙を落します。
夢みる大きな額の上に葦の葉が傾いてかぶります。

傷つけられた睡蓮たちは、彼女を取り巻いて溜め息をつきます。
彼女は時々目を覚まします、眠っている榛の木の
中の何かの塒から、すると小さな羽ばたきがして、そこから逃げていきます
不思議な歌声が一つ、金の星から落ちてきます。

雪のように美しい、おお、青ざめたオフェリアよ、
そうだ、お前は死んだのだ、暗い流れに運ばれて!
それというのも、ノルウェイの高い山から吹く風が
お前の耳にひそひそとむごい自由を吹き込んだため。

それというのも、お前の髪の毛に、押し寄せた風の一吹きが、
お前の夢みる心には、ただならない音と聞こえたために、
それというのも、樹の嘆きに、夜毎の闇が吐くため息に、
お前の心は天と地の声を、聞き漏らすこともなかったから。

それというのも、潮の音が、とても大きな喘ぎのようで、
情け深い子供のような、お前の胸を痛めたから。
それというのも、4月の朝に、美しい一人の青ざめた騎手が、
あわれな狂者がお前の膝に、黙って座りに来たためだ。

なんという夢想なのだ、狂った娘よ、天国、愛、自由とは、おお!
お前は雪が火の中にあるように、彼の心をも靡かせた。
お前の見事な幻想は、お前の誓いを責め苛んだ。
――そして、無残な無限という奴は、お前の瞳を驚かせたのだ。

さて、詩人という輩が言うことには、星の光を頼りにして、
かつてお前の摘んだ花を、夜毎お前は探しに来るんだと。
また彼は言う、流れの上に、長いネッカチーフは横たわり、
真っ白白白のオフェリアが、大きな百合の花のように漂っていたと。
                     (1870年6月)

 *

 オフェリア

     Ⅰ

星眠る暗く静かな浪の上、
蒼白のオフェリア漂ふ、大百合か、
漂ふ、いともゆるやかに長き面帕(かつぎ)に横たはり。
近くの森では鳴つてます鹿遂詰めし合図の笛。

以来千年以上です真白の真白の妖怪の
哀しい哀しいオフェリアが、其処な流れを過ぎてから。
以来千年以上ですその恋ゆゑの狂(くる)ひ女(め)が
そのロマンスを夕風に、呟いてから。

風は彼女の胸を撫で、水にしづかにゆらめける
彼女の大きい面帕(かほぎぬ)を花冠(くわくわん)のやうにひろげます。
柳は慄へてその肩に熱い涙を落とします。
夢みる大きな額の上に蘆が傾きかかります。

傷つけられた睡蓮たちは彼女を囲繞(とりま)き溜息します。
彼女は時々覚まします、睡つてゐる榛(はんのき)の
中の何かの塒(ねぐら)をば、すると小さな羽ばたきがそこから逃れて出てゆきます。
不思議な一つの歌声が金の星から堕ちてきます。

     Ⅱ

雪の如くも美しい、おゝ蒼ざめたオフェリアよ、
さうだ、おまへは死んだのだ、暗い流れに運ばれて!
それといふのもノルヱーの高い山から吹く風が
おまへの耳にひそひそと酷(むご)い自由を吹込んだため。

それといふのもおまへの髪毛に、押寄せた風の一吹が、
おまへの夢みる心には、ただならぬ音とも聞こえたがため、
それといふのも樹の嘆かひに、夜毎の闇の吐く溜息に、
おまへの心は天地の声を、聞き落(もら)すこともなかつたゆゑに。

それといふのも潮(うしほ)の音(おと)が、さても巨いな残喘(ざんぜん)のごと、
情けにあつい子供のやうな、おまへの胸を痛めたがため。
それといふのも四月の朝に、美々(びゝ)しい一人の蒼ざめた騎手、
哀れな狂者がおまへの膝に、黙つて坐りにやつて来たため。

何たる夢想ぞ、狂ひし女よ、天国、愛恋、自由とや、おゝ!
おまへは雪の火に於るがごと、彼に心も打靡かせた。
おまへの見事な幻想はおまへの誓ひを責めさいなんだ。
――そして無残な無限の奴は、おまへの瞳を震駭(びつくり)させた。

     Ⅲ

扨詩人奴(め)が云ふことに、星の光をたよりにて、
嘗ておまへの摘んだ花を、夜毎おまへは探しに来ると。
又彼は云ふ、流れの上に、長い面帕(かつぎ)に横たはり、
真(ま)ツ白白(しろしろ)のオフェリアが、大きな百合かと漂つてゐたと。
                〔一八七〇、六月〕

(講談社文芸文庫「中原中也全訳詩集」より)
※ルビは原作にあるもののみを( )の中に入れ、新漢字を使用しました。編者。

ひとくちメモ その2

「オフェリア」Ophélieは、
「前期韻文詩」として分類される単独詩のほかに
1870年5月24日付けで
パルナシアンの詩人であるテオドール・ド・バンヴィルに宛てた書簡の中に
「感覚」「太陽と肉体」とともに書き込まれたバリアントがあり
その「オフェリア」のバリアントの末尾には「1870年5月15日」の日付けがあります。

当時、フランス詩壇の中心的位置にあった詩誌「現代高踏派詩集」への
掲載を依頼する内容のものでした。
ランボー16歳、
詩壇へのデビューを果たそうとした野心も見えます。

ランボーの「オフェリア」は
「ラファエル前派」の中心的画家として知られる
ジョン・エバレット・ミレー(1829~1896)の
油彩「オフィーリヤ」に触発されたものという説もあるほど
似ているところがありますが
それは「視覚上」のことであって
ランボーがオフェリアをモチーフとしたのは
水に流されてゆくオフィーリアの「美」とは
違うところにあったことが推察されます。

水死人のイメージは
やがては「酔いどれ船」の中に
重要な要素として展開されることを視野に入れると
「オフェリア」でランボーが描いた死は
「女性の死の美」では
さらさらあり得ず
そのことは
「オフェリア」という詩自体に
読むことが可能です。

たとえばそれは、
「自由」――。

中原中也訳では
第2節第1連に、

おまへの耳にひそひそと酷(むご)い自由を吹込んだため。

――とあり、
同じく第2節最終連に、

何たる夢想ぞ、狂ひし女よ、天国、愛恋、自由とや、おゝ!

――と、「自由」は現れます。

ミレーの絵に
「オフィーリアの自由」を読み取ることは
至難の技というものでしょうが
ランボーの「オフェリア」という詩は
「自由」を歌いましたし……。

第3節へと向かう
すべての詩行が、

扨詩人奴(め)が云ふことに、星の光をたよりにて、
嘗ておまへの摘んだ花を、夜毎おまへは探しに来ると。
又彼は云ふ、流れの上に、長い面帕(かつぎ)に横たはり、
真(ま)ツ白白(しろしろ)のオフェリアが、大きな百合かと漂つてゐたと。

――という、最終連のこの4行のために
歌われていることが見えてきます。

第3節の、この4行は
では、何を歌っているのでしょうか――。

一つは、

さて、詩人という輩が言うことには、星の光を頼りにして、
かつてお前の摘んだ花を、夜毎お前は探しに来るんだと。

もう一つは、

また彼は言う、流れの上に、長いネッカチーフは横たわり、
真っ白白白のオフェリアが、大きな百合の花のように漂っていたと。

――という二つのことですが、

一つ目の、
オフェリアが生きているときに
森や野原で摘んだ花を
夜毎探しに来る、ということを「詩人」が主張しているという「意味」と、

二つ目の、
川の流れに広がったネッカチーフにくるまれて
仰向けのオフェリアは白一色の
巨大な百合の花かと見違える形で漂っていた、ということを「詩人」が主張しているという「意味」。

ランボーがここに託した「意味」を探ろうとすれば
「研究者」の眼差しになりそうですが
「答え」は研究者に、
「問い」を問うのは読者に、ということにしておいたほうが
この詩を味わう楽しみを持続できそうなので
ここでは「問う」までにしておくことにします。

ひとくちメモ その3

中原中也訳の「オフェリア」Ophélieの同時代訳に
小林秀雄が昭和8年に発表した「オフエリヤ」がありますから
それを読んでおきましょう。

と言ったものの
江川書房発行の「アルチユル ランボオ詩集」所収の「オフエリヤ」は
「新編中原中也全集」第3巻・翻訳・解題篇に引用されているものを読むと
「ルビだらけ」で読む気を失ないますので
戦後1948年、創元社発行の
小林秀雄訳「ランボオ詩集」収録の「オフェリヤ」を読むことにします。

ランボーの韻文詩の小林秀雄訳は
数が限られていることはよく知られたことで
「オフェリヤ」はその一つですが、
早い時期からシェイクスピアのOphélieに関心を寄せていて
1931年(昭和6年)には、「おふえりや遺文」という題の小説を発表しています。

1600年頃に作られたシェイクスピアの「ハムレット」は
ヒロインOphélieが好んで題材にされて
文芸作品や絵画・美術などの様々な分野で
脚色され翻案されて世界中に広がりましたが
小林秀雄の「おふえりや遺文」も
日本語によるそうした試みの一つと言えます。

小林秀雄29歳の作品で
オフィーリアには
長谷川泰子のおもかげがあることは
多くの論者の指摘するところです。

ランボーの詩を「オフエリヤ」として訳出したのは
昭和8年ですから
「おふえりや遺文」の流れ、
つまり、長谷川泰子が重なっていても不思議なことではなく
そうなると、
俄然、中原中也の「オフェリア」との「三角関係」が
あぶり出てくるような形となってきて
緊張感が生じます。

とにかく
小林秀雄訳の「オフェリヤ」を
読んでみましょう。

オフェリヤ

静かな黒い流の上に、星の群は眠り、
真っ白なオフェリヤが、大きな百合の花のように浮いて行く。
長い面帕(かづき)に寝かされて、静かに静かに浮いて行く。
遠い森の方角には、鹿追う角笛の音がする。

はや千年は過ぎたのか、悲嘆に暮れたオフェリヤが、
幽霊のように血の気もなく、黒い長流(ながれ)を過ぎてから。
心優しい気の狂、恋歌(おもい)は夜風に托されて、
もう千年もたったのか。

風は乳房に口付けし、やすらかに眠る大きな面帕(かづき)は、
花冠(はなかんむり)のように拡がって、
枝垂柳(しだれやなぎ)は肩越しに、身を慄わせてすすり泣き、
夢みるようなその額、気高い額に葦は傾く。

乱れくだけた睡蓮(ひつじぐさ)寄りそいめぐり吐息して、
ぶと、目ざめれば、茫然たる榛(はんのき)の樹陰(こかげ)、
何の巣か、かすかな羽撃(はばたき)の音が洩れる。
誰の歌か、金色の星から歌声がおちる。

ああ、雪のように美しい、色青冷めたオフェリヤよ。
ほんの子供でお前は死んだ、河が流して行ってしまった。
諾威(ノルヴェジュ)の高嶺おろしに吹く風が、
つらい自由をひそひそと、話してきかせた為なのだ。

人知らぬ風が、お前の髪を叩きつけ、
なんにも知らぬお前の心に、怪(あや)しい響きを伝えたからだ。
ああ、樹の嘆(なげき)、夜の溜息、とお前の心は耳を澄まして、
「自然」の声とやらを聞いてしまった為なんだ。

あんまり情愛(なさけ)のありすぎた、怪しい幼(おさない)お前の胸を、
臨終時(いまは)の巨人の喘(あへぎ)のような海の音が、潰(つぶ)してしまった為なんだ。
ある四月の朝のこと、美しい蒼白な騎士が一人、
あわれにも気が狂い、黙(だま)りこくって、お前の膝に座った為なんだ。

天よ、愛よ、自由よ、何たる夢か、ああ可哀そうな気狂め。
お前はあの男を頼(たのみ)にした、雪が火を頼(たのみ)にしたように。

燃える想いが重って、咽喉(のど)がつまったお前なんだ。
――で、恐ろしい「永遠」が、お前の空色の眼をやっつけた。

摘み取った花を捜そうと、夜が来てお前の来るとこを、
星影たよりに、「詩人」は見たという。
長い面帕(かづき)に寝かされて、大きな百合の花のように、
水を行く真っ白なオフェリヤを見たそうな。

(※新漢字、現代かな遣いに改めましたが、送りがなは原詩のままです。編者。)

ひとくちメモ その4

中原中也訳の「オフェリア」と
小林秀雄訳の「オフエリヤ」と
ランボーのオフィ-リアと
発端となったシェイクスピアのオフィーリアと……
それぞれが描く「女性」は
それぞれの文学者・詩人によって異なります。

シェイクスピアのオフィーリアに
制約されなければならないというルールがあるわけでもなく
後の文学者や画家や音楽家らによって
それぞれのテーマの中で
新しいオフィーリアが生み出されてきました。

ランボーの詩に現れる女性を
これまで幾つか読んできましたが
オフィーリアほど
「女性」を真っ向から歌った詩は見つかりません。

ざっと振り返ってみれば、

■感動
私は語りも、考へもしまい、だが
果てなき愛は心の裡(うち)に、浮びも来よう
私は往かう、遠く遠くボヘミヤンのやう
天地の間を、女と伴れだつやうに幸福に。

■教会に来る貧乏人
女連(をんなれん)、滑らかな床几に坐つてまあよいことだ、
神様が、苦しめ給ふた暗い六日(むいか)のそのあとで!
彼女等あやしてをりまする、めうな綿入(わたいれ)にくるまれて
死なんばかりに泣き叫ぶ、まだいたいけな子供をば。

胸のあたりを汚してる、肉汁食(スープぐら)ひの彼女等は、
祈りするよな眼付して、祈りなんざあしませんで、
お転婆娘の一団が、いぢくりまはした帽子をかぶり、
これみよがしに振舞ふを、ジツとみつめてをりまする。

■七才の詩人
更紗模様の着物著た、お転婆の茶目の娘が来るならば、
――その娘は八才で、隣りの職人の子なのだが、
此の野放しの娘奴(め)が、その背に編髪(おさげ)を打ゆすり、
片隅で跳ね返り、彼にとびかゝり、
彼を下敷にするといふと、彼は股(もゝ)に噛み付いた、
その娘、ズロース穿いてたことはなく、
扨、拳固でやられ、踵(かかと)で蹴られた彼は今、
娘の肌の感触を、自分の部屋まで持ち帰る。

■ジャンヌ・マリイの手
ジャンヌ・マリイは丈夫な手してる、
だが夏負けして仄かに暗く、
蒼白いこと死人の手のやう。
――ジュアナの手とも云ふべきだ?

この双つの手は褐の乳脂を
快楽(けらく)の池に汲んだのだらうか?
この双つの手は月きららめく
澄めらの水に浸つたものか?

■やさしい姉妹
此の若者、現世(うつしよ)の醜悪の前に、
心の底よりゾツとして、いたく苛立ち、
癒しがたなき傷手を負ひてそれよりは、
やさしき妹(いも)のありもせばやと、思ひはじめぬ。

■最初の聖体拝受
恋の有頂天が少女の愚かな姉妹達を襲つた時のやうに、
少女は打萎れ両手を胸に置いたまゝ、熱心に
諸天使や諸所のエス様や聖母様を勘定しはじめました、
そして静かに、なんとも云へぬ喜びにうつとりするのでありました。

■虱捜す女
子供(かれ)は感じる処女(をとめ)らの黒い睫毛がにほやかな雰気(けはひ)の中で
まばたくを、また敏捷(すばしこ)いやさ指が、
鈍色(にびいろ)の懶怠(たゆみ)の裡(うち)に、あでやかな爪の間で
虱を潰す音を聞く。

■四行詩
星は汝が耳の核心に薔薇色に涕き、
無限は汝(な)が頸(うなじ)より腰にかけてぞ真白に巡る、
海は朱(あけ)き汝(なれ)が乳房を褐色(かちいろ)の真珠とはなし、
して人は黒き血ながす至高の汝(なれ)が脇腹の上……

■若夫婦
夜(よ)の微笑、新妻(にひづま)の微笑、おゝ! 蜜月は
そのかずかずを摘むのであらう、
銅(あかがね)の、千の帯にてかの空を満たしもしよう。
さて二人は、鼠ごつこもするのであらう。

■彼女は埃及舞妓か?
彼女は埃及舞妓(アルメ)か?……かはたれどきに
火の花と崩(くづほ)れるのぢやあるまいか……

以上は
中原中也が訳した「ランボー詩集」を
配置順に読み
「追加篇」を読み終えていない段階で
「初期詩篇」「飾画篇」の中の「女性」が現れる詩を
切り取ったものです。

「母」や
「聖母」や
「女神」などは
含まれていません。

これらの女性は
何らかの詩のテーマの中に登場する「背景」である場合が多く
真正面から女性を歌ったものではありませんが
こうして振り返ってみれば
案外、「女性」は歌われていることも見えてきます。

ランボーの「オフィーリア」は
では、
「女性」を歌った詩かといえば
そう単純なことでないところが
「面白い」のですし、
ほかの作家の「オフィーリア」についても
そういうことがいえるから「面白い」のです。

ランボーの「オフィーリア」は
水死人のイメージとして
やがて「酔いどれ船」へ連なり
また
「狂女」のイメージは
「地獄の季節」の「錯乱Ⅰ」「狂気の処女」のテーマへと直に繋がっていき
そのことを視野に入れながら読む(味わう)と
「面白さ」は倍加することでしょう。

ランボー学には
そのあたりをテーマにした卓抜な研究・解釈が犇(ひしめ)いていますから
それらを探して
紐解いてみるのも楽しい経験になるはずです。

« 太陽と肉体 | トップページ | 首吊人等の踊り »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー