無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« いたずら好きな女 | トップページ | 後 記 »

2014/02/04

失われた毒薬(未発表詩)

 
ブロンドとまた褐(かち)の夜々、
思い出は、ああ、なくなった、
夏の綾織(レース)はなくなった、
手なれたネクタイ、なくなった。
 
露台(バルコン)の上に茶は月が
漏刻(ろうこく)が来て、のんでゆく。
いかな思い出のいかな脣趾(くちあと)
ああ、それさえものこっていない。
 
青の綿布(めんぷ)の帷幕(とばり)の隅に
光れる、金の頭の針が
睡った大きい昆虫のよう。
 
貴重な毒に浸されたその
細尖(ほさき)よ私に笑みまけてあれ、
私の臨終(おわり)にいりようである!
 
 

 

« いたずら好きな女 | トップページ | 後 記 »

ランボー詩集〜附録」カテゴリの記事