ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 坐った奴等 | トップページ | 教会に来る貧乏人 »

夕べの辞

 
私は坐りっきりだった、理髪師の手をせる天使そのままに、
丸溝のくっきり付いたビールのコップを手に持ちて、
下腹突き出し頸反らし陶土のパイプを口にして、
まるで平(たいら)とさえみえる、荒模様なる空の下。

古き鳩舎に煮えかえる鳥糞(うんこ)の如く、
数々の夢は私の胸に燃え、徐かに焦げて。
やがて私のやさしい心は、沈欝にして生々(なまなま)し
溶(とろ)けた金のまみれつく液汁木質さながらだった。

さて、夢を、細心もって嚥(の)み下し、
身を転じ、——ビール三四十杯を飲んだので
尿意遂げんとこころをあつめる。

しとやかに、排香草(ヒソウ)や杉にかこまれし天主の如く、
いよ高くいよ遐(とお)く、褐色の空には向けて放尿す、
——大いなる、ヘリオトロープにうべなわれ。

 

 

 


ひとくちメモ その1

中原中也訳の「ランボオ詩集」の「初期詩篇」を読み進んでいくと
8番目に「坐った奴等」があり
9番目に「夕べの辞」Oraison du soirがあります。

これは丁度
ベルレーヌが「呪われた詩人たち」収録の「アルテュル・ランボオ」の中で

 アルテュル・ランボオの美神は、すべての調子をとつて用ゐた。竪琴の全和絃、ギタアの全和絃をかなで、胡弓の弓は宛ら自分自身であるやう敏捷に奏せられた。
 ランボオが愚弄家、嘲弄家と見えるのはその時である。彼が愚弄家嘲弄家の親玉たる時こそ、彼が神の手になる大詩人たる時である。
 見よ、「夕(ゆふべ)の弁」と「坐せる奴等」を、その前に跪くべく!

――と言及したのと偶然にも符合し
「坐った奴等」(「坐せる奴等」)を読んだ後でもあり
「夕べの辞」(「夕の弁」)を読む絶好の機会です。

「坐った奴等」と「夕べの辞」を
ベルレーヌは
原典のレベルで(当然のことですが)
同じ傾向の詩として論じ
ランボーの作り出す詩が
全ての楽器の奏でる調子を持つような「多重奏」であることを指摘し
そのような「演奏」が行われるのは決まって
ランボーが愚弄家であり嘲弄家である時だ、と喝破します。

愚弄家であり嘲弄家である
その親玉であるような
愚弄や嘲弄が頂点に達するように全開した時に
ランボーの生み出す詩は
神の手から生まれたような
大詩人の詩となる
――とズバリ、ランボー詩の一群についての読みを披瀝してくれるのです。

ベルレーヌのこの読みを肝に銘じながら
中原中也訳の「夕の弁」や「夕べの辞」を読んでみると
詩がグンと近づいて来るのが感じられます。

詩は
しこたまビールを飲んだ「私」が
「褐色の空」=夕空に向けて放尿するシーンを歌っただけの
レアリズムであるだけかも知れないのに
そんな単旋律を微塵も感じさせない言葉の機関銃。

どんな風に詩を読むのは自由ですし
読みは個性をあぶり出しますから
こんな風に読めてしまったのなら
そう読めたという個性が明るみになるだけ。

ベルレーヌのいう「愚弄嘲弄」は
「哄笑破笑」と置き換えていいのかもしれません。

 *

 夕の弁

我は理髪師の手もてる天使の如く坐してありき、
深き丸溝あるビールのコップを手に持ちて、
小腹と首をつん反(ぞ)らせ、ギャムビエを歯に、
ふくよかに風孕む帆が下に。

古き鳩舎の火照りある糞のごと
千の夢は、我をやさしく焦がしたり。
と忽ちに、我が哀しき心、熔けたる
暗き黄金の血を流す 白木質となれりけり。

軈て我、細心をもて我が夢を呑み下せしに、
惑乱す、数十杯のビール傾け、
扨入念す、辛き心を浚はむと。

やさしさ、杉とヒソプの主の如く、
いや高くいや遠き褐の空向け放尿す、
大いなるヘリオトロープにあやかりて。

 *

 夕べの辞

私は坐りつきりだつた、理髪師の手をせる天使そのままに、
丸溝のくつきり付いたビールのコップを手に持ちて、
下腹突き出し頸反らし陶土のパイプを口にして、
まるで平(たひら)とさへみえる、荒模様なる空の下。

古き鳩舎に煮えかへる鳥糞(うんこ)の如く、
数々の夢は私の胸に燃え、徐かに焦げて。
やがて私のやさしい心は、沈欝にして生々(なまなま)し
溶(とろ)けた金のまみれつく液汁木質さながらだつた。

さて、夢を、細心もつて嚥み下し、
身を転じ、――ビール三四十杯を飲んだので
尿意遂げんとこゝろをあつめる。

しとやかに、排香草(ヒソフ)や杉にかこまれし天主の如く、
いよ高くいよ遐く、褐色の空には向けて放尿す、
――大いなる、ヘリオトロープにうべなはれ。

 

(角川書店「新編中原中也全集 第3巻 翻訳」より)
※ルビは原作にあるもののみを( )の中に入れました。編者。

ひとくちメモ その2

中原中也訳の「夕べの辞」Oraison du soirは
湿った嘲(あざけ)りの声調というよりも
乾いた笑いが漂うと感じられるのは
それも個性のうちなのかも知れないと思える一方、
陰鬱な黒いドロドロの情念を感じる個性もあるかも知れないので
どっちとは言うことはしない方がよいかな――。

中原中也は
第2連を訳しながら
「鳥糞」を「うんこ」と読ませるアイデアを得た時
腹を抱えて笑っただろうか
それとも
こんなところでも笑っている場合ではない、と神妙だったのか
想像がたくましくなるばかりです。

 ◇

わたしは、ずっと座りっぱなしだった、理髪師の手をした天使そのままの格好で、
丸溝が刻まれたビールのコップを持ち、
お腹を出し首を反らし陶製のパイプをくわえ、
まるでまっ平に見える、荒れ模様の空の下で。

古い鳩舎に放たれた真新しい糞(うんこ)のような
数々の夢は私の胸の中に燃え盛り、静かに焦げている。
やがて私のやさしい心は、沈鬱が襲い、生々しい
とろけた金にまみれ、スープみたいになっていた。

さて、夢を、細やかな心で呑み下し、
身をよじり、ビールを3、40杯を飲んだところで
尿意がみなぎり無念無想のポーズ。

しとやかに、ヒソップやシダーに囲まれた天主のようにして、
高く遠く、褐色に染まった空に向けて思いっきり放尿する、
うれしいことに、ヘリオトロープまでもが花を添えてくれて。

 ◇

ベルレーヌのいう「愚弄嘲弄」を
「哄笑破笑」と置き換えてみたくなるのは
「鳥糞」に遭うばかりからではなく
「いよ高くいよ遐く、褐色の空には向けて放尿す」に至っての爽快感が
小便小僧の像をイメージさせるからでもありまして
豪快も豪快な
こんなションベンが言語になるというのは
またしてもガルカンチュアの底知れない笑いの流れを想起するからでもあります。

 ◇

 

もちろんこの詩の放つパワーは
そればかりではありませんが。

ひとくちメモ その3

中原中也訳の「夕べの辞」Oraison du soirの
Oraisonは、「祈り」「祈祷」の意味です。

放尿のことを祈祷としたことが
この詩の「肝」なのですが
これをどう読むか――。

となると
素人の個性的な読みでは
なかなかたどりつけない
「シンボル解析」とか
「メタファー分析」とか

ランボーを詳細に研究し
これまで世に現われた鑑賞のすべてに目を通し
読みの歴史の流れに立った
プロフェショナルな眼差しが要求されることになります。

ランボー学というようなプロの研究が
こうして100年以上も続けられて
なおも研究し尽されることはないという
これは例えば
ミツバチの生態を観察する眼差しに
終わりが訪れることがないのに似た
永久運動――。

プロは言います。
タイトルは、明らかに宗教的行為(聖性)を指示し
内容は、その聖性をからかい、嘲笑し、汚す=「贖聖」を歌っている、と。
プロの研究の成果
学問が達した定説
ここに、素人の異論(個性)の立ち入るスキはありません。

そういえば、西条八十は
「醜悪なるもの、汚穢なるものへの特別な関心」が見られる詩群の中に
この「夕べの祈り」を入れて

古ぼけた鳩小屋の熱い糞のように、
おれの中には幾千もの夢が甘い火傷をつくる

――と、第2連第1、2行を訳出してから
最終連の「放尿の楽しさの描写」に注目しています。

では、金子光晴はどうか、というと
放尿シーンを

 かわみどり、せいよう杉よりもすんなりとしたおん主の寛大をわがこころとして、
遠い夜空へ、たかだかと僕は放尿する。
 ――すばらしいぞ。ヘリオトロープも、大音で助勢しようとは。

と、訳しているのを見れば
これも「楽しい放尿」という響きで
愚弄嘲弄の響きは後退している様子です。

 ◇

鈴木信太郎は?
堀口大学は?

戦後の訳で

平井啓之は?
粟津則雄は?
篠沢秀夫は?
飯島耕一は?
清岡卓行は?
鈴木創士は?
入沢康雄は?
宇佐美斉は?
鈴村和成は?
……

 ◇

まだまだ10本の指が
いや20本か、
読めないでいる「ランボー党」は犇いています。

 ◇

 

とりとめもなく
横すべりしていくのも
また楽しきかな、です。

ひとくちメモ その4

中原中也が「夕べの辞」と訳した「Oraison du soir」の
鈴木信太郎訳が手元にありますから
読んでおきます。

詩の翻訳は
翻訳の専門家みたいな印象のある
上田敏、堀口大学らも
自作詩を創作した詩人でしたし、
詩人としての活動のかたわらで
翻訳も手がけた金子光晴や中原中也、
詩人というよりは作詞家としての活動が広く知られる
大木淳夫(篤夫)や西条八十、
評論など散文を書くことが主軸の小林秀雄や
詩も散文(小説)も書く清岡卓行
……

そして
学問のプロであり専門の研究家であり
教壇に立ち学生の教育にも携わる教官でもある
辰野隆、鈴木信太郎
……と、ざっと見ても
ランボーを早い時期に翻訳した文学者それぞれのテリトリーは多彩です。

鈴木信太郎は
辰野隆、山田珠樹らとともに
大正から昭和初期にかけて
東京帝大のフランス文学科(トウダイ・フツブンカ)を
隆盛に導いた教官として有名ですが
とりわけ、「近代佛蘭西象徴詩抄」(春陽堂、1924年)は
ベルレーヌ、ランボー、ボードレールら
フランス象徴詩派と呼ばれる詩人たちの詩を紹介して
当時の学生たちに貪るように読まれたことが伝わっています。

その学生の中に小林秀雄がいて
小林秀雄は富永太郎、正岡忠三郎(子規の義理の甥)と
府立一中の先輩・後輩の関係だったために
富永太郎を京都で知った中原中也は
上京して小林秀雄を知り
ランボーにより深く傾注することになります。

こうして、長谷川泰子をめぐる
小林秀雄と中原中也の運命の事件は
「ランボーという事件」の渦中で同時進行しますが
今は、ランボーという事件の流れの中にあり
この流れを「発信するプロフェショナル」が
鈴木信太郎や辰野隆という大学者であったということになります。

小林秀雄、中原中也は
学生でありながら(在野にあって)
プロとしての道を選択し、
一方は、散文(評論)、一方は、韻文(詩)へと進み
その道中でランボーを世の中に広める役割を果たしました。
富永太郎は急逝してしまいましたが
小林秀雄、中原中也を結びました。

 ◇

鈴木信太郎の訳の
端正な声調と風格は
歴史的かな遣いを現代語にしてみれば
ますます際立ってくることに気づくことでしょう。

 ◇

 夕の祈祷
 鈴木信太郎訳

理髪師の手に身をまかせた天使のやうに、坐りこみ、
丸溝のついたビールのジョッキを手に摑み、
太鼓腹(たいこばら)、頸を反らせて、陶器製パイプを 俺は咥へてゐる、
空々漠々 真帆片帆 空一面に飛んでゐる。

古ぼけた鳩小屋にたまつた熱い糞のやうに、
俺の胸には 簇(むら)がる夢が 甘い火傷の痕をつける。
それから一寸 しんみりとして、鋳型から溶(とろ)けて流れる
くすんだ黄金が 型木を赤く焼け焦す といふやうな心持。

さらにそれから、念入りに自分の夢を呑み干してから、
三四十杯飲んだ揚句に、くるりと後に振り向いて、
どうにもたまらぬ要求を ぶつ放そうと 冥想する。

大木(セエドル)にして雑草(イゾオブ)の偉大で卑小な基督のやうに気持も
晴々と、褐色の空に向かつて 高々と遙かに俺は放尿する、
――憚りながら 背の高い木立瑠璃草(ヘリオトロオプ)の御同意を得て。――

※「ランボオ全集Ⅰ」(昭和27年、創元社)より引用。
※原作は「天使」「夢」に傍点があります。漢字は新漢字に改め、また、一部のルビを( )で示したほかを省略しました。

 *

 夕べの辞

私は坐りつきりだつた、理髪師の手をせる天使そのままに、
丸溝のくつきり付いたビールのコップを手に持ちて、
下腹突き出し頸反らし陶土のパイプを口にして、
まるで平(たひら)とさへみえる、荒模様なる空の下。

古き鳩舎に煮えかへる鳥糞(うんこ)の如く、
数々の夢は私の胸に燃え、徐かに焦げて。
やがて私のやさしい心は、沈欝にして生々(なまなま)し
溶(とろ)けた金のまみれつく液汁木質さながらだつた。

さて、夢を、細心もつて嚥のみ下し、
身を転じ、――ビール三四十杯を飲んだので
尿意遂げんとこゝろをあつめる。

しとやかに、排香草(ヒソフ)や杉にかこまれし天主の如く、
いよ高くいよ遐とほく、褐色の空には向けて放尿す、
――大いなる、ヘリオトロープにうべなはれ。

 *

 夕の弁

我は理髪師の手もてる天使の如く坐してありき、
深き丸溝あるビールのコップを手に持ちて、
小腹と首をつん反(ぞ)らせ、ギャムビエを歯に、
ふくよかに風孕む帆が下に。

古き鳩舎の火照りある糞のごと
千の夢は、我をやさしく焦がしたり。
と忽ちに、我が哀しき心、熔けたる
暗き黄金の血を流す 白木質となれりけり。

軈て我、細心をもて我が夢を呑み下せしに、
惑乱す、数十杯のビール傾け、
扨入念す、辛き心を浚はむと。

やさしさ、杉とヒソプの主の如く、
いや高くいや遠き褐の空向け放尿す、
大いなるヘリオトロープにあやかりて。

 

(角川書店「新編中原中也全集 第3巻 翻訳」より)
※ルビは原作にあるもののみを( )の中に入れました。編者。

« 坐った奴等 | トップページ | 教会に来る貧乏人 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー