ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩8「草稿詩篇(1933年―1936年)」ほか | トップページ | 鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩10「療養日誌・千葉寺雑記(1937年)」ほか »

鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩9・まとめらしきこと

「草稿詩篇(1931年―1932年)」13篇
「ノート翻訳詩(1933年)」9篇
「草稿詩篇(1933年―1936年)」65篇を一気に読んでしまったので
ここですこし整理しておきましょう。
 
 
この三つのカテゴリー(分類)を合わせた87篇中に
動物に関する表記が登場する詩は36篇ありました。
1篇の詩に複数回の表記があっても1篇という計算です。
87篇中の36篇ということはおよそ4割強です。
 
この中から
生物学的分類に入らない「幽霊」などを除き
野兎色、鹿皮、蝦蟇口、馬車のような
動物が「喩(ゆ)」として利用されている表記を除き
自然の状態に人間の手が加えられた状態の
「乾蚫(ほしあわび)」や「蛙焼蛤貝(やきはまぐり)などを除外すると、
 
黒猫
三毛猫
サイオウが馬
白馬
とんぼ
小馬
梟(ふくろう)
蝉(せみ)
かねぶん
蝉(せみ)
鶏(にわとり)
涼虫(すずむし)
烏(からす)
野羊(やぎ)
こうもり
コオロギ
駱駝(らくだ)
――となります。
 
動物が動物として登場しているものだけを採集すると
27篇ということになります。
全体の3割強です。
 
「サイオウが馬」は単なる馬というより
固有名詞のような馬なので載せておきました。
 
※「サイオウが馬」は、人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)という故事熟語から取
ったものです。人間の幸不幸は予測ができない。幸が不幸に、不幸が幸にいつ転じてしまうかも
わからないものだから、安易に喜んだり悲しんだりしてはいけないという「喩=たとえ」です。
 
「黒猫」「三毛猫」の区別を排除し「馬」としたり
「白馬」「小馬」の区別を排除し「馬」としたりするのも
ここでは無意味になるようなので載せてあります。
 
 
詩人が鳥獣虫魚や花鳥風月を詩の中に使うとき
それは思いつきではなく
「詩の言葉」として通用するか否か
熟考に熟考を重ねた結果の選択であることが見えてきます。
 
使えば強いインパクトを与えますし
詩の生命に関わりますから
生半可(なまはんか)には使っていないのです。
 
蛙のような動物は
究極のところ
中原中也という詩人そのもののメタファーにさえなるのですし
こうもりが幽霊のメタファーになるように
ほかの動物たちの幾つかにも
そのような重大な役割があります。
 
 
 
 
 
 
 

« 鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩8「草稿詩篇(1933年―1936年)」ほか | トップページ | 鳥が飛ぶ虫が鳴く・中原中也の詩10「療養日誌・千葉寺雑記(1937年)」ほか »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー