ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也アウトライン | トップページ | 詩的履歴書 »

中原中也年譜

━━━━

故郷山口

━━━━

 

<中也誕生>

 1907年(明治40年)4月29日、山口県山口町吉敷郡下宇野令村(現山口県山口市湯田温泉)に、父謙助、母フクの長男として生まれる。生後6か月して旅順へ。以後、6か月を生地・山口で一時的に過ごしたほか、柳樹屯、広島、金沢と、父の赴任地に従って移り住んだ。小学校入学時に山口へ帰る。1914年(大正3年)下宇野令小学校入学。学芸会での朗読が参観者を驚かした。

 

<亡弟を歌ったのが最初の詩作>

 1915年1月、弟・亜郎の死を悼む詩を作った。1918年、県立山口中学受験のため、山口師範付属小学校へ転校。1920年4月、県立(旧制)山口中学に成績12番で入学。1学期末試験では80番に落ちた。「防長新聞」などへ短歌の投稿をはじめ、2年時、友人と歌集「末黒野」発行。露西亜詩人ベールイの破格語法を在学中に知った。文学熱高じて3年生を落第。京都の立命館中学に4年生として転入した。親元を離れた、波乱万丈の青春がはじまる。

 

━━━━

京都時代

━━━━

 

<長谷川泰子と知り合う>

 京都で暮らしはじめて文学熱はいよいよ高まり、16歳の1923年(大正12年)、高橋新吉の詩集「ダダイスト新吉の詩」に共感。ダダ詩を書きはじめ、一時は「ダダさん」と仇名で呼ばれた。「大空詩人」と称されていた永井叔を知り、女優志願生・長谷川泰子を紹介される。1924年4月、中也が作ったダダ詩に好感を示した泰子と意気投合し同棲。東京外国語学校生で詩を書く富永太郎との交流をはじめ、ランボー、ベルレーヌらのフランス象徴詩に啓発される。東京行きを決意した。

 

━━━━

東京転々

━━━━

 

<中也・泰子・小林の奇怪な三角関係>

 1925年(大正14年)、泰子と連れ立って上京、豊多摩郡戸塚町(現・新宿区西早稲田)に住む。早稲田高等学院、日本大学予科への進学を試みるが失敗。4月、富永の紹介で、東京帝大仏文科に入学したばかりの小林秀雄を知る。5月、杉並町高円寺に転居、小林の住む馬橋が至近。この頃、小林と泰子の恋愛関係が生まれた。11月、富永は肺結核で死亡、まもなく泰子は小林と杉並町天沼で同棲する。中也は中野へ転居した。1926年(大正15年・昭和元年)、19歳。4月、日本大学予科文科へ入学、9月、親に無断で退学。アテネ・フランセへ通う。この年、「朝の歌」「臨終」を書く。中也・泰子・小林の「奇怪な三角関係」(小林の発言)が続く。

 

<音楽集団「スルヤ」との交流>

 1927年(昭和2年)春、河上徹太郎を知り、10月には河上の紹介で音楽集団「スルヤ」のリーダー格・諸井三郎を知り、作曲を依頼する。1928年(昭和3年)、21歳。1月、内海誓一郎、3月、大岡昇平を知る。同月、父・謙助胃ガンを発病、見舞いのため5月までの間に2度、帰郷する。

 

<同人雑誌「白痴群」創刊>

 1929年(昭和4年)、22歳。1月、渋谷町神山(現・渋谷区神山)に転居、近くに大岡昇平、阿部六郎の家があった。4月、同人雑誌「白痴群」創刊。河上徹太郎、大岡昇平、安原喜弘、阿部六郎、内海誓一郎、富永次郎、古谷綱武、村井康男が参加。「白痴群」を牽引したのは中也と河上徹太郎であったが、河上はピアノをよくし、「スルヤ」のメンバーでもあるから、中也は「スルヤ」の集いにも参加するなど、東京での交友関係を広げた。「白痴群」は第4号までを、年内に発行。5月、北豊島郡長崎町(現・豊島区長崎町)に転居。7月、豊多摩郡中高井戸(現・杉並区松庵)に転居、近くに高田博厚のアトリエがあった。

 

<「白痴群」第6号で廃刊>

 1930年(昭和5年)、23歳。1月「白痴群」第5号、4月第6号と旺盛に作品を発表したが、同誌は第6号で廃刊した。5月、「スルヤ」第5回発表会で、「帰郷」「失せし希望」「(内海誓一郎作曲)、「老いたるものをして」(諸井三郎作曲)初演。8月、豊多摩郡代々木山谷(現・渋谷区代々木)に転居。9月、中央大学予科に編入学。秋、吉田秀和を知り、フランス語を教える。12月、長谷川泰子、山川幸世の子を生む、中也が名づけ親になり、「茂樹」と命名した。

 

<「山羊の歌」編集を開始>

 1931年(昭和6年)、24歳。4月東京外語専修科仏語部(夜間)入学。高森文夫を知る。5月、青山二郎を知る。7月、豊多摩郡千駄ヶ谷町872(現・渋谷区代々木)に転居。9月18日、満州事変勃発。26日、弟・恰三死去、葬儀のため帰郷。12月、千駄ヶ谷町874へ転居。1932年(昭和7年)、25歳。3月、安原喜弘、山口訪問、長門峡などへ案内。5月、「山羊の歌」編集を開始。予約募集の通知を出すが、申し込みは10人余。8月、宮崎県の高森文夫を訪問。高森と延岡〜青島〜長崎を旅行。山口に帰り、金沢経由で帰京。荏原郡馬込町北千束(現・大田区北千束)へ転居。高森の伯母の家で、弟・惇夫が同居した。この頃、ノイローゼ状態になる。

 

<上野孝子と結婚>

 1933年(昭和8年)、26歳。1月頃、坂本睦子にプロポーズするが断られる。3月、東京外語専修科修了。4月、「山羊の歌」の出版を芝書店と交渉するが不調。以後、出版に至る翌年まで、江川書房、建設社、隆章閣との交渉を安原喜弘が行うがすべて不調。5月、牧野信一、坂口安吾の紹介で同人雑誌「紀元」に参加。6月以降、同誌のほか「半仙戯」「四季」などに詩を発表。12月、遠縁の上野孝子と結婚。「ランボウ詩集(学校時代の詩)」を翻訳・刊行。四谷区花園町の花園アパートに住む。同アパートには青山二郎が住み、小林秀雄、大岡昇平らがよく訪れた。

 

<長男文也誕生。詩集「山羊の歌」出版>

 1934年(昭和9年)、27歳。7月、身重の孝子夫人と帰省。高森文夫を訪ねる。ランボーの翻訳に没頭。9月下旬、単身帰京。10月18日、長男文也誕生。11月、「山羊の歌」が文圃堂発行に決まる。草野心平を知る。太宰治を知る。12月初め、「山羊の歌」刷り上り、帰省、文也と初対面。ランボーの翻訳に専念する。1935年(昭和10年)、28歳。1月、小林秀雄が「文学界」編集責任者になり、中也の発表の場も広がる。3月末、単身上京。5月、逸見猶吉、高橋新吉、草野心平らと第一次「歴程」発刊。6月、牛込区市ヶ谷谷町(現・新宿区住吉町)に転居。12月、「四季」同人になる。

 

<文也死去>

 1936年(昭和11年)、29歳。「文学界」「四季」「歴程」「改造」「文芸懇話会」「むらさき」「隼」などに詩・評論を次々に発表。6月、「六月の雨」が「文学界賞」の選外一席となる。秋、親戚の中原岩三郎の斡旋で放送局(現・NHK)入社の面接に臨んだが不調。11月10日、長男文也、小児結核で死去。悲しみの底で「文也の一生」「夏の夜の博覧会はかなしからずや」「冬の長門峡」を書く。15日、次男愛雅(よしまさ)出生。

 

━━━━━

鎌倉に転居

━━━━━

 

<中也永眠>

 1937年(昭和12年)、30歳。1月、精神の変調に気づいた夫人の知らせで、母フク、弟思郎が元旦に上京。中也は事情を知らされないまま、千葉県の中村古峡療養所に2月中旬まで入院。退院後、神奈川県鎌倉町扇ケ谷(現・鎌倉市扇が谷)の寿福寺敷地内の住家に転居。近辺には小林秀雄、大岡昇平らが住んでいた。7月7日、盧溝橋事件起こる。この頃、帰郷を決意。9月15日、「ランボオ詩集」(野田書房)を発行。同月、「在りし日の歌」の原稿を清書し、小林秀雄に託す。10月4日、安原喜弘を訪問、頭痛と視力障害を訴える。同6日、鎌倉養生院に入院、22日、永眠。病名は結核性脳膜炎ということが現在、判明している。
 

(編集:iPLANET)

 

« 中原中也アウトライン | トップページ | 詩的履歴書 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー